JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

くどいようですが、現時点においても相手土地の使用貸借かどうかの質問です。 といううのは、妻の持分を自分が取得する前

解決済みの質問:

くどいようですが、現時点においても相手土地の使用貸借かどうかの質問です。
といううのは、妻の持分を自分が取得する前まで、妻の名義にて相手の固定資産税を代納してた形になっています、実際には自分が納付してます。この点の解釈はどうでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
固定資産税を負担していたことが、賃料と解釈されるかどうかという問題です。

固定資産税は毎月納めるものではありませんし、賃貸借契約がないことはこれまでのとおりです。使用貸借かどうかは、固定資産税納付の一事をもって判断できるものではありませんが、固定資産税を払っていたとしても使用貸借であることの判断に大きく影響はしないでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

もう一つ質問です。

媒介契約書(価格なし)の仲介業者は相手の実兄です。先日、相手から委任状をもらって

いるといってます。

これは売主=業者であり、中立性の点で問題はないのでしょうか。

その点の規制はないのですか。

ならば限定された両者の取引であり、一般媒介契約書は意味のないことと思いますが。

ただ報酬を確約したいだけでしょうか。

以上です。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
売主=仲介業者というのはありえません。
仲介になっておりませんので、規制云々以前の問題です。
手数料、媒介料を上乗せしたいのでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

事実上、仲介になってないといううことですね。

これまでの経緯と、今の媒介の状況からして自分はどうみても作為性があり、信義則に反すると思います。

この思いを司法の判断に委ねたいと思ってますが愚問でしょうか。

終わります。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
司法に問うには、金銭的な請求をたてつける必要があります。
その都合がつくのであれば、ご不満を解消するために、司法に問うてもいいかと思います。
jo-banをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問