JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属・土地家屋調査士資格保有
67942392
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

先日、某住宅メーカーと戸建て住宅の契約を交わしました。(当初予算200万オーバー)その後、会い見積もりを取っていた他

解決済みの質問:

先日、某住宅メーカーと戸建て住宅の契約を交わしました。(当初予算20 0万オーバー)その後、会い見積もりを取っていた他の業者から予算内での建設が可能(契約時点では両者同額)との連絡を受け、契約解除をすべきかどうか悩んでいます。契約解除の場合には違約金の支払いもあると思うので、その点も含めると契約を続行した方がよいのでは・・とも思うのですが、家の細かな仕様が後者の方がかなり上なので悩んでいます。
契約前にもっと話し合いを詰めるべきだったのですが、緒事情でこうなってしまいました。
一生に一回の大きな買い物ですので、できましたら専門家の立場からのアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

契 約を締結したということであれば、契約書にサインをして押印し、手付金を支払ったということでしょうか?
相手の業者が工事に入るなどの実行行為がなければ、手付金を放棄することで契約を解除することができます。また、違約金を支払って契約を破棄することもできます。しかし、不動産売買、工事請負の契約では違約金と手付金の額が同じである場合が多く、どちらにしても多額の出費は抑えられません。

わたしも仕事柄、不動産会社やハウスメーカーと付き合いがあります。その人達話しを聞いてみても「安い上に仕様が良い」というのはあまり聞いたことがありません。家の仕様は好みがありますので、どれが良いとは申し上げられませんが、多少高くても、アフターサービスがしっかりしていたり、説明義務を果たしているかどうかで判断されたほうが良いかと思います。

質問者様にとっても安い買い物ではありませんので、後悔しないようご家族とよく相談して決定してください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事、ありがとうございます。

契約書のサイン、手付金160万の支払いは済んでいます。

この場合、契約解除に際し、160万の違約金となるのでしょうか?

ネットなので、同様の例を見てみると25万~50万のケースが多いようなのですが

以下がでしょう?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
契約を交わしたばかりで、相手に実害がない場合には交渉次第でそれだけの金額で済むかもしれません。しかし、あくまで相手との交渉によります。原則として、契約をかわしたのであれば、質問者様にも契約を果たす責任が生じてしまいます。それを無いことにするためには、手付金を放棄するか、解除するための違約金を払うことになります。手付金は160万円ということですが、契約書には違約金の記載はされているでしょうか?もし、されていなければ、手付金より少ない金額で解除できると考えられます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

契約書に解約の条項はありますが、詳しい金額(パーセンテイジ等)は記載されていませんん。契約後、お願いした作業としてはエコポイント申請の手続きだけです。

一般的に基準となる違約金のパーセンテイジ等はあるのでしょうか?

担当の営業さんに聞くのが一番だと思うのですが、契約を続行する場合、印象が悪くなののでは?と気がかりです。

もし、事例などご存知でしたらお教え願えますか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
通常、不動産売買の違約金は売買価格の10%から20%と言われています。かなり高額になります。

しかし、今回の契約には違約金の詳細な記載がないとのことですので、相手の実際に生じた損害を賠償して契約を解除することができます。ただし、相手の業者がどう出てくるかわからないところもあります。争ってくることも考えられます。例えば、すでに建築材料を発注していれば損害が大きくなります。よって解約したいのであれば早め に申し出たほうがいいですね。

相手とトラブルになりたくなければ、手付金を放棄すれば、損害を賠償せずに契約を解除できます。ただし、これも相手が契約内容の実行に着手する前にしなければなりませんので、どちらにしても早めに申し出たほうがいいしょう。
印象が悪くなることは心配しなくてもいいと思います。むしろ、その程度で態度を悪くする業者はあまり良い業者とは言えないですね。違う業者でれば、これくらいの金額でやってくれる、くらいのことを言ってもいいと思いますよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お返事ありがとうございます。

契約は6月30日付で、まだ1週間たっていません。間取り最終打ち合わせ、詳しい仕様もこれから選定の予定なので、一度営業に打診を考えてみようと思います。ただ、連れ合いが打診に消極的なので、おおよそのガイドラインが分かれば・・と思っています。

営業ではなくホームメーカーの相談窓口に匿名で話を聞いてみようかとも思うのですが、そうした方法はどう思われますか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
それでも、差し支えないと思います。仮の話しをして、契約したとして一週間ほどで解約した場 合、違約金が発生するのかを聞いてみてもいいですね。解約までのガイドラインを聞いてみましょう。

ただし、匿名の場合ですと、後で「言った」「言わない」の問題になりかねません。契約解除の問題もケースバイケースなので、あくまでも参考程度と考えておいた方がいいですね。


契約してから一週間ということなので、相手の損害も少ないと思われます。交渉の余地はあります。
しかし、ご家族の意向も大切ですので、よく話し合って後悔のないようにしてください。
そして業者とも徹底的に納得のいくまで話し合って決定してください。
shihoushoshikunをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問