JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 315
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

愛知県安城市の調整区域内にある既存宅地に住宅を建てようとしましたら、町内会から排水許可の印鑑を押さないと言われました

質問者の質問

愛知県安城市の調整区域内にある既存宅地に住宅を建てようとしましたら、町内会から排水許可の印鑑を押さないと言われました。今回市の区画整理に伴う移転で、事前に市役所にも確認を取り移転費用も市から出ています。近隣の畑の所有者が反対しているからとの理由ですが、反対している人の土地に多大な迷惑がかかるとは思えません。町内会の反対は合法的なものなのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

灌漑用水路は農作物を育てるために設けられた用水路ですので、基本的にその用水路に生活排水を流す場合は、生活排水を相当浄化しなければ用水路の権利者の理解を得ることは出来ません。

民法はその地域に慣習があれば、その慣習に従うことになっています。

浄化槽を設けられると思いますが、地域の反対が強いようであれば、自宅敷地内に浸透式浄化槽を設置すれば、問題は避けられると思います。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問