JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

今年の4月半ばに、現在九百万で売却中の持ち家(マンション)のつなぎ資金として不動産の売買もしている貸し金業者に、不動

解決済みの質問:

今年の4月半ばに、現在九百万で売却中の持ち家(マンション)のつなぎ資金として不動産の売買もしている貸し金業者に、不動産担保ローンで融資額350万で契約書サインしました。そして不動産の調査依頼料金37000円支払いました。その後色々な資料を集めるのに時間がかかり約1ヶ月後呼び出されもしキャ ンセルした場合一万八千円を払うように言われました。それから六月初め位に集めた資料を持って事務所に行くと最初の契約から大分たっているのでもう一回調査以頼をするのと、この貸し金業者と売却専属契約を結び三ヶ月以内に売れなければ所有権移転になりキャンセルすれば十数万払えと言われました。この金融業者のしている事はやはり詐欺行為ですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

まだ不動産担保ローンの融資金350万円は実行されていないようですが、実行された場合は、貸し金業者と売却専属契約を結び、もし3ヶ月以内に売却できなければ所有権移転となるとなっています。3ヶ月以内に900万円で売却できない場合は、融資金350万円の担保として

業者に所有権移転するということでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.
はい。その通りです。そして、その貸し金業者は、買取りだと350万位で融資だと所有権移転といい自分としては、その業者は最初から売る気はなく、350万だけ払って後はリフォームして800万位で転売する気なんだと思っているので、キャンセルしたいのですがキャンセル料も最初は一万八千円だと言っていたのに、昨日電話で聞いたら十数万だと言ってきたので今後どのように進めて行けばいいのでしょうか。
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

融資契約にサインされたとしても融資金は実行されていませんので、調査依頼料¥37,000

は放棄し、融資契約の解約を内容証明郵便で業者に通知をすればよいと考えます。

業者からキャンセル料の請求が出されても無視すれば良いと思います。業者が執拗にキャンセル料を請求するようでしたら不法行為に該当すると思いますので、その場合は消費者センターなどに報告されればよいかと思います。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
書き忘れましたが、五月の半ばに業者に呼ばれ、もしキャンセルした場合として、契約書みたいな用紙に母音でサインをしてしまったのですが、それでもキャンセル料等払わずに解約できるのでしょうか。
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.
契約書みたいな用紙の内容はどういうものでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
確か、契約を破棄した場合、違約金を支払うみたいな内容だったと思います。具体的な金額は書いていませんでした。口で一万ちょっとだと言っていました。
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

契約の解除は、契約を解除するという当事者の一方的な通知だけでよく、相手方の承諾などいりません。(民法540条)、違約金を支払うという附帯契約書に違約金額が明記されていないようであれば無効であると考えます。また当事者が互いに対等の債務を負う双務契約では、相手方の債務を履行するまでは自分の方の債務の履行を拒絶すると主張することができます。

(民法533条)従って、キャンセル料を支払わずに解約はできると考えます。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問