JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

東京都に住んでいるものです。 不動産の所有権についての質問です。 1.不動産売買契約書の記載金額4480

解決済みの質問:

東京都に住んでいるものです。

不動産の所有権についての質問です。

1.不動産売買契約書の記載金額44 80万円

2.手付け金額100万円

3.引渡し時に支払った金額4300万円
↑引渡し時、銀行で売主の支持のもと振込み用紙に4300万円を記載
(残金4380万円と思っていたので4300万円でいいのか確認したところ売主は、振込み用紙の記載例どおり4300万円を記入すれば大丈夫といわれた)

4.契約成立したので不動産登記権利が私に移転

5.1ヶ月後売主から引渡し時に記載例に不備があった事を認め80万円を払って頂きたいとの申し出。

上記のような場合、残金の80万円を支払う必要があるのか教えてください。
お手数をお掛けしますがよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
支払う必要があります。
契約書には、4480万円と記載されているのが理由です。

振込用紙は、ただ代金を支払うための道具ですから、売買代金を決定するものではありません。また、売主が4300万円と言ったことも、売買代金80万円分を免除したと考えることもできません。
jo-banをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問