JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

法律の知識が全くない50歳の男性がうまい言葉に乗せられて生活に必要なお金は心配するなと実印まで相手に預けてしまいこず

解決済みの質問:

法律の知識が全くない50歳の男性がうまい言葉に乗せられて生活に必要なお金は心配するなと実印まで相手に預けてしまいこずかい程度もらっていたが家屋土地は相手が勝手に売買したことにして所有権の移転登記までされていましたが戻すには方策があるのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
相手がすでに売却済みですと、取り返すのは大変難しいです。
その家屋土地を購入した者からすれば、50歳の男性のことはまったくわからず、
いまさら返せ、と言われても困るからです。
取り戻せるとすれば、
・本人確認が不十分であったこと
・50歳の男性をはめた者から事情を聞いていたこと
などを立証する必要がありますが、困難です。

現実的な方法としては、
50歳の男性をはめた男性に対しての損害賠償請求です。
家屋土地は返ってきませんが、金銭での賠償を求めるという方法です。

実印まで預けるとなると、質問にありますとおり、法的知識が不十分であることは否めませんね。
裁判などの手続が必要になりそうですから、お早めに委任することをおすすめします。
jo-banをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問