JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

今月、築44年の中古マンションを購入しました。 将来的な建て替えも視野に入れての選択でしたが、 入居してすぐの管

質問者の質問

今月、築44年の中古マンションを購入しました。
将来的な建て替えも視野に入れての選択でしたが、
入居してすぐの管理組合の会報を見たところ、
竣工2年目の法律により建て替えのできない物件ということになっていることを
その時初めて知りました。
このような重要事項を契約時に説明していないのは
問題だと思うのですが、これで契約の撤回などは難しいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
建て替え不可であることは、重要事項として説明義務があります。

この点についての説明がない場合、「建て替え不可」であることは、民法上の隠れた瑕疵にあたるといえ、法律上契約の解除が可能です(民法577条、566条)。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問