JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

住宅瑕疵担保責任保険について知りたいのですが、新築注文住宅(自己所有・使用)で転売などの計画はありません 注文者(発

解決済みの質問:

住宅瑕疵担保責任保険について知りたいのですが、新築注文住宅(自己所有・使用)で転売などの計画はありません 注文者(発注者)は住宅瑕疵担保責任保険に加入しなくても良いとの申出です(保険会社の設計施工基準を適用するとかなり高額になるため)よく説明しましたが建築基準法を守り施工して下さればそれで充分とのことです、40年来の付合いです互いに信頼してますが、後のトラブルを防ぐため、その旨を記した文書を作成し残したいのですが有効でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。ご質問ありがとうございます。

お尋ねの件ですが、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づき、
宅建業者ではない発注者に対して、新築住宅を引き渡す建設業者および宅地建物取引業者は必ず供託または住宅瑕疵担保責任保険への加入が義務付けられています。そして、発注者が保険加入は不要であると考えていても、この義務は免除されません。
したがって、発注者との間で、特定瑕疵担保責任保険への加入は不要であるとの文書を作成されても、残念ながら保険加入義務は免除する効果はありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今回は明快な回答有難う御座いました、注文者は当地の大地主で多くの土地建物を所有しておられ法施行前の建物ですが、現在まで何のトラブルもなかったのですが、・・

今後貸し屋なども検討しておいでですが、地盤が軟弱のため瑕疵担保保険の施工基準にすると数百万円の工事費が加算されますので大変な問題です。施工側(当方)はより安全な頑丈な建物を提供できれば幸いですが建て主側からみると大変大きな出費になるので・・・

過去に近隣で地盤の問題でトラブルの事例があれば説得も楽ですが・・・

過大設計と思われたみたいで困惑してます。

今回の回答を含め説得に努力致します。有難う御座いました。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
ご参考になりまして幸いに存じます。

震災以来、建物の頑丈さへの関心は高まっていますし、説得がうまくいくことを祈念しております。
jo-banをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問