JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

平成13年2月3日に10年間の土地賃貸借契約を、銀杏植栽目的に使用するとのことで締結しました。  そして、平成23

解決済みの質問:

平成13年2月3日に10年間の土地賃貸借契約を、銀杏植栽目的に使用するとのことで締結しました。
 そして、平成23年2月3日に期間満了を迎え、先方からの更新の申し出がないまま半年が経過したので、
当方より内容証明で契約の解除と銀杏の排除(H23.10末まで)を要請しました 。(内容証明H23.9.9付け)
 その後、内容証明の返答がないまま、平成23年12月31日に現金書留で23年度、24年度分の賃料が
送られてきました。(それまでの賃料は受領済)そして、平成24年5月7日に契約更新の書類が郵便で送付
されました。

 私としては、内容証明で通知したとおり契約の解除と現状回復を希望していますが、専門家のご意見を
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

平成13年当時の契約に、契約更新について特別な合意(例えば、契約終了後前〇カ月以内に解約の申し出がなければ契約更新など)がなければ、ご質問者様のご主張(契約解除および原状回復)が通ろうかと存じます。

 

ただし、相手方が任意に応じない場合は、やはり訴訟等、法的手段にうってでるほかありませんので、ご自分での交渉に限界を感じておられるのであれば、弁護士さんにご相談されるほうがよろしいかと存じます。

 

下記は茨城県弁護士会のHPです。弁護士をお探しの際にお電話頂ければ、最寄りの先生をご紹介して頂けますので、ご活用頂ければと存じます。

 

【茨城県弁護士会】

http://www.ibaben.or.jp/

 

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問