JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

主人の母88歳の実家の土地と家屋の固定資産納税についてご相談致します。母の実家は宮崎で今は、大阪に住んでいます 母は

解決済みの質問:

主人の母88歳の実家の土地と家屋の固定資産納税についてご相談致します。母の実家は宮崎で今は、大阪に住んでいます 母は10人兄弟の6番目です。(存命4人) 十数年前、実家の伯父がガンで亡くなりました(妻もそれ以前に亡くなっています) 入院中に実家が消失したので伯父名義の土地に母の名義で家を建てました 生前の伯父の希望で土地を譲り受ける事にな りました(遺言状はありません)  伯父夫婦間には子供がいませんでした(おばは再婚で前夫との子あり) 死後、地元の司法書士さんに依頼し土地の名義変更や登記の手続きをして頂くために相続権のある兄弟や甥や姪に捺印をお願いしましたが、数名の方が拒否されました そして、現在に至るまで、建物(家屋)は母名義で土地は伯父名義のままです 伯父名義の土地や山や田んぼの固定資産税もずっと母が納めています 母は宮崎の家や土地は要らないと言っております 家は処分(更地)したいくらいです しかし、ご先祖様がありますので簡単にそうは出来ません   家屋以外の土地や田んぼや山の税金も納税義務があるのでしょうか?母も高齢で物忘れがひどく判断能力が低下し認知症が進んでいます(後見人とかならないうちに) 今後、宮崎に行くことも困難になってきます 母が元気なうちに何とかしないといけないと主人と話しております 良きアドバイスをよろしくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

現時点で叔父様の遺産(土地や山、畑)は、相続人皆さんの共有状態ですので、固定資産税をお母様お一人でお支払いする必要はございません。

また、これまでお支払いした分も、他の相続人の方に、その持分に応じて請求することも可能です。

過去に一度頓挫されているように、ご兄弟の中には義務(税金の支払い等)を果たさないのに権利(土地持分)のみ主張される方がいて遺産分割が進まないということはよくあることです。

法的な手段ということであれば、当人同士の話し合いでは難しいので、裁判所に遺産分割調停などを申し立てるということもできますが、お母様がご高齢のようですし、あまり効果的な方法とも言い難いように思います。

 

ですので、やはり他の相続人の方と粘り強く交渉してみることが、現実的にはもっとも手軽に話を進めていく方法ではないかと存じます。

交渉にあたって、お母様がお亡くなりになった場合、ご主人はその遺産を相続しないため、その場合、他の相続人の方で叔父様の遺産は管理(税金の支払い等)すべきことになる旨を伝えて相手方に早期の分割を迫ってみてはいかがでしょうか(実際に放棄するかどうかは別として)?

また、どうしても交渉に応じない方に対しては、その持分に応じて金銭で代償することも往々にしてあることですので、一人一人交渉していき、徹底的に拒否してくる方に対しては最終的にそのような対処もご検討される余地はあろうかと存じます。

 

そして、結果的に今のまま話が進まなければ、先に述べたとおり、お母様がお亡くなりになった際には、その相続を放棄し、ご主人がなし崩し的に叔父様の遺産の管理義務のみ負うようなことがないようにすることもご検討されては如何かと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
固定資産税は家屋(母名義分)と土地(伯父名義分)の合算で計算されています 数年前、役場に母名義の家屋分だけ支払いますと言ったところそれは出来ないと言われました 十数年間、固定資産税を支払ってきましたが去年 から固定資産税を納めていません すると今年、納税しないと「差押」します速やかに納めてくださいと通知して来ました 主人もこの件については早く整理を付けたい様子です 例えば、母が生きているうちに家屋を潰し更地にして土地の相続権を辞退する事は出来ますか?固定資産税等の支払い義務は消滅しますか?また、「差押」とはどう言うものですか?また、相続権放棄は何処でどのような手続きをすればよいですか
質問者: 返答済み 5 年 前.
固定資産税は家屋(母名義分)と土地(伯父名義分)の合算で計算されています 数年前、役場に母名義の家屋分だけ支払いますと言ったところそれは出来ないと言われました 十数年間、固定資産税を支払ってきましたが去年から固定資産税を納めていません すると今年、納税しないと「差押」します速やかに納 めてくださいと通知して来ました 主人もこの件については早く整理を付けたい様子です 例えば、母が生きているうちに家屋を潰し更地にして土地の相続権を辞退する事は出来ますか?固定資産税等の支払い義務は消滅しますか?また、「差押」とはどう言うものですか?また、相続権放棄は何処でどのような手続きをすればよいですか
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

家屋については、お母様の了承があれば取り壊されて構いませんが、土地の相続を放棄することは残念ながら難しいかと存じます。

 

相続の放棄という制度があるのはありますが、これは叔父様が亡くなったのを知ってから

3カ月以内に行う必要がありましたので、現時点では難しいかと存じます。

※仮にお母様がお亡くなりになった際に行う場合は、3か月以内に家庭裁判所に申立てをする必要があります。ご自分でもできますし、面倒であればお近くの専門家(弁護士や司法書士)にご相談下さい。

 

また、差し押さえとは預金等から強制的に税金を徴収されることです。固定資産税を滞納すると、役場がその方の財産(主に預金です)を調べて、それを差し押さえ、強制的に税金を徴収するということ行うことがあります。

 

以前、分割協議が整わなかったのは、その土地を欲しいという方がいたということですか?もしそうなら更地にされたあと、その方に譲るような協議をすることもご検討されてみては如何かと存じます。

※先の回答の逆の立場になりますので、お母様の持分に応じた金銭を要求することも可能です。

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

遅くに何度も申し訳ございません  家屋(母名義)を他の人に譲渡した場合は、その譲受 人(新名義人)に家屋と土地の固定資産税の納税義務が発生し通知が届くのでしょうか?それと、家屋を潰して更地にした場合でも、母には土地のみの納税義務は継続しますか?色々とお聞きしてしてすみません 要するに母も年金生活で収入もわずかですので出来れば固定資産税を遠慮したいのです 親族が集まり話し合うのがベストだと思いますが遠方でなかなか難しいのです こう言う場合ご相談し仲介をお願いするのは「司法書士さん」でしょうか?

 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

まず、家屋を他人に譲渡した場合ですが、この場合でも土地の固定資産税は支払い義務を負うことになります(家屋分は当然負いません)。

更地にした場合も同様に、土地分は支払い義務を負います。

 

ですので、おっしゃるとおり話し合いの場を早く持たれるのが最も良い解決策かと存じます。

 

最後に相談先ですが、手続き的な支援やアドバイスをもらえれば親族間の交渉はご自分たちでできるということであれば司法書士で十分なサポートが可能ですが、親族間の交渉自体を代理してほしいとのことでしたら、やはり弁護士さんにご依頼いただくほうがよろしいかと存じます。

 

親族間の問題は心身ともに大変かと思いますが、ご自分たちだけで悩まず、時には専門家等も利用しながら頑張っていただけたら思います。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問