JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

第一種低層住宅専用地域内にある空き家を借りて喫茶店を営業しています。50平米以下で建物全体の半分以下の面積です。ただ

解決済みの質問:

第一種低層住宅専用地域内にある空き家を借りて喫茶店を営業しています。50平米以下で建物全体の半分以下の面積です。ただここには居住しておらず、大家さんも別の場所に住んでいます。
こういう営業は法令違反なのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

第一種低層住宅専用地域の用途制限で兼用住宅については、非居住部分の床面積が50㎡以下でかつ建築物の延べ床面積の1/2未満のものとされております。

日用品の販売を主たる目的とする店舗、食堂、喫茶店は許可対象となりますので、ご貴殿の場合は法令に適していると考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
そこに居住しているかしていないかは、適法かどうかの判断の要素にはなりませんか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
そこに居住しているかしていないかは、適法かどうかの判断の要素にはなりませんか。
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

建築とその用途制限ですので、居住の有無は問われません。但し、建物全部を店舗としては利用できません。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問