JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

土地の返却について母が伯母にに貸した土地の返却について・・・40数年前に母の土地に伯母夫婦が家を建て住み

質問者の質問

土地の返却について

母が伯母にに貸した土地の返却について・・・
40数年前に母の土地に伯母夫婦が家を建て住 みはじめました。
土地の名義は私の母。家の名義は伯母。
土地の契約書はありませんが・・・また不動産を通していませんが・・
地代として毎月1万6千円をいただいています。。

母は2年前、伯母は今年亡くなり、
現在住んでいる人はいません。

今後この土地・家について・・・
私と伯母の息子の従兄弟での話し合いになります。

私としては
①更地にして返していただきたい。
②今後も従兄弟が住むのであれば不動産を通して相場にて新たに契約をしたい。

これは法律上可能でしょうか??
お忙しいところ申し訳ございません。

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

旧借地借家法が適用になります。

①「更地にして返していただきたい。」とのご要望は建物の名義が叔母様であり、現在はその相続人である従兄弟さんのものですので、借地権が保護されます。従兄弟さんに借地権の買い取りを申し入れ、それに同意すれば可能です。

 

②「今後も従兄弟が住むのであれば不動産を通して相場にて新たに契約をしたい。」

土地の契約書がないということは期間の定めのない契約となりますので、借地権の存続期間は30年となり、1回目の更新期間が20年となります。40年前から貸しているとなると期間満了から10年経過していることになりますので、次の更新までは10年間あるということになります。従兄弟さんと話し合いの上、不動産業者を介して新たに契約を締結することは可能です。

 

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問