JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

不動産売却に当たって、買主に割賦販売で売却するか、定期借家賃貸借の形で賃料を売却代金に充当された形で売却するのが良い

質問者の質問

不動産売却に当たって、買主に割賦販売で売却するか、定期借家賃貸借の形で賃料を売却代金に充当された形で売却するのが良いか考え ています。具体的には、売買代金を6000万として、手付金を1000万、毎月80万円の62.5回払いで考えています。定期賃貸借の場合は、40万円を賃料、40万円を売買代金に充当する積立金とするように考えています。但し、途中で、買主の支払いが滞った場合は、手付金と積立金は違約金とするつもりです。割賦販売にしてしまうと、所有権留保しても支払いが滞った際に、払った代金の分は最終的にいくらかの持分などを付けなければならなくなるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問