JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 955
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

高齢の父親が長女夫婦に説き伏せられ、強引に土地の名義変更をさせられてしまいました。しかし、今、後悔して自分の名義に戻

解決済みの質問:

高齢の父親が長女夫婦に説き伏せられ、強引に土地の名義変更をさせられてしまいました。しかし、今、後悔して自分の名義に戻したいといっています。可能でしょうか。どのような書類が必要でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
まず、現在の名義人である長女の合意は得られそうでしょうか?
親や他の家族からの説得などにより、名義を返すという合意ができれば手続きは
可能です。なお、もし贈与により名義変更された場合は、税法上贈与のキャンセル
でなかったことになるのではなく、原則として往復2回分の贈与税が必要になります。
但し、原則は2回分必要ですが、その時期や内容等によっては不要な場合もあり
ますので、名義変更《前》に税理士さんに相談をされることをお勧めします。

もし、合意が得られそうにないのであれば、贈与であれ売買であれ、一方的に
キャンセルをすることはできませんから、『強迫行為があり、無理やり名義変更の
書類に押印させられた』という場合で、かつこれを証明できない限りは、取り戻す
ことはできません。
houmuをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問