JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

共有マンションを売却した場合の最終的な持分についてお尋ね致します。 宜しくご回答のほどお願い致します。 妻と共有しているマンションを売却致しました。 担保が設定されており

解決済みの質問:

共有マンションを売却した場合の最終的な持分についてお尋ね致します。
宜しくご回答のほどお願い致します。

妻と共有しているマンションを売却致しました。
担保が設定されておりますので、最終持分の算定は下記に通りの考え方でよいのか、ご確認をお願い致します。
なお、担保のうちイオンコミュニティ銀行(以下「イオン銀行」)並びに日エム商事分にKついては、私が経営している会社の借入時に担保として設定したものです。

【前提】
  売却価格   4300万円
  担保設定額  3300万円
    ①住宅金融公庫  2100万円
    ②イオン銀行     700万円
    ③日エム商事     500万円

  仲介手数料  135万円

  手取額     865万円

  持分割合   私  3/5
           妻  2/5

【算定】
  持分内容    私     妻     計
  売却額    2580   1720   4300
  仲介手数料   81     54 135
担保持分 3100 0    3300
計     △801 1666 865

【結論】
  上記算定により実際受取額は
    私    0円
    妻 865万円
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

負債の全てがご質問者様のものであれば、ご質問のとおり最終的に全て奥様の取分でよろしいかと存じますが、住宅ローンの債務者はご質問者様だけですか?

その場合、2/5の奥様の持分は、ご質問者様からの贈与ということになり、購入当時に贈与税が発生していたはずですが。

仮に、住宅ローンはお二人が連帯債務者であれば、特別な定めでもない限り、その負担部分はやはり3/5、2/5となろうかと思いますので、ご主人1260万、奥様840万となろうかと存じます。そうしますと、

 

【算定】
  持分内容  ご主人   奥様     計
  売却額    2580   1720   4300
  仲介手数料   81     54    135
  担保持分   2460    840    3300
  計         39    826     865

 

最終的には以上のような取分になろうかと存じます。

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

kanekiyo様

 

ご回答ありがとうございました。

詳細についてご説明致します。

妻の持ち分については、購入時点で結婚して25年経過しており、その時点で贈与税がかからない範囲内での分割です。

実際は不動産会社から契約時に提示を受けて対応したものです。

また、金融公庫の借入についても確認致しましたが、私のみが借入の契約当事者であり、妻は関与しておりません。

 

以上の状況ですので、売却代金の当方受取分は、全額妻の受取分と考えてよろしいか、また、さらに確認すべき事項があればご連絡の程、お願い申し上げます。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

kanekiyo様

 

ご回答ありがとうございました。

詳細についてご説明致します。

妻の持ち分については、購入時点で結婚して25年経過しており、その時点で贈与税がかからない範囲内での分割です。

実際は不動産会社から契約時に提示を受けて対応したものです。

また、金融公庫の借入についても確認致しましたが、私のみが借入の契約当事者であり、妻は関与しておりません。

 

以上の状況ですので、売却代金の当方受取分は、全額妻の受取分と考えてよろしいか、また、さらに確認すべき事項があればご連絡の程、お願い申し上げます。

 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ご回答内容にある状況であれば、最初のご質問のとおり、最終的な取り分は全て奥様ということでよろしいかと存じます。

(算定方法も最初の方法で問題ないかと存じます)

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問