JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

借家人の立場です。 家賃を安くしてもらう代わりに、建屋の維持管理は家主では無く借家人が行ってきました。 (屋根の

解決済みの質問:

借家人の立場です。
家賃を安くしてもらう代わりに、建屋の維持管理は家主では無く借家人が行ってきました。
(屋根の葺き替え、内装の改装,畳の交換まで、すべてです)

このたび、建屋の老朽化を理由に、退去を要求されました。どう対応してよいか分かりません。
契約書も無く、家賃を払い続けた記録が有るだけです。

住み続ける方法はあるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

家賃の支払いの記録や、これまでお住まいになっていた事実があれば、賃貸借契約があったことを立証できる可能性は高いかと存じます。

そして、契約の成立を立証できれば、そのままお住まいになれる可能性も高いかと存じます。

借家人は借地借家法という法律により、その居住を維持できるよう強く保護されています。

ですので、相手方(貸主)は立ち退きを要求する場合、半年~1年前にその通知をし、かつ正当な事由(自己使用や適正な立ち退き料の支払いなど)がなければそれを求めることができません。

以上のように契約の成立を主張して、そのままお住まいになることも十分可能かと思いますし、その過程で相手方が譲歩(立ち退き料の提示など)してくることはよくあることですので、その条件次第では退去に応じるということでもよろしいのではないかと存じます。

※言い方は悪いですが、素直に相手方の言い分に応じないで、ゴネれるだけゴネるというスタンスで交渉するのが、実際に賢いやり方かと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問