JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

お世話様です。不動産登記のトラブルに巻き込まれています。11月末にマンションを現金で購入しました。登記は委任

解決済みの質問:

お世話様です。不動産登記のトラブルに巻 き込まれています。11月末にマンションを現金で購入しました。登記は委任して12月末までに済ませる約束でした。今年の1月に税金の手続をするために登記簿謄本を請求しましたら、未だ登記されていない事が発覚しました 。びっくりして直ちに取得するよう言いましたが、動いてもらえませんでした。そこで「覚書」を書いてもらい2月29日まで、最終3月9日までに登記することを取り交わしましたが、前日確認したところ3月9日までに登記できないと言われました。明日、勤務先の会社まで説明に来るそうですが、心配でしょうがないので、ご相談させて頂いています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

通常の不動産取引では代金の全額支払いと同時に物件の引き渡し及び所有権移転登記手続きを司法書士立ち会いで行います。昨年の11月に決済して未だ登記手続きが終わっていないということは、売り主側に所有権移転登記手続きができない特別な事情があると思われます。二重売買等も危惧されますので、権利保全をする必要があります。

所有権移転請求権仮登記などを司法書士に依頼して、ご貴殿の権利保全を図ったほうがよさそうです。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問