JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

立ち退き料の相談です

解決済みの質問:

立ち退き料の相談です
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

立ち退き料とは、賃貸借契約を締結すれば必ず請求できるといった権利ではありませんが、逆に契約書に支払う旨の特約がなくても、もらえる可能性のあるものです。

ご質問者様のような借家人は、家主側の都合だけで簡単に契約の解除が認められるとすると、居住場所を失うという大きな不利益を受けるため、そのようなことが無いように法律によって手厚く保護されています(この法律を借地借家法といいます)。

ですので、家主側が賃借人に対し、契約の解除や更新を認めないとする場合、たとえ家主側に正当な理由があったとしても、それを法律的に認めさせ、それによって強制的に退去させるということは非常に手間と費用がかかることになります。

このような事情が存在することを理由に、現実的な解決策として立ち退き料の話が出てくるというのが、一般的な流れです。

ですので、ご質問のケースであれば、法律上認められた権利ではありませんが、実際に立ち退き料をもらって示談にするということは十分可能かと存じます。

では、どの程度もらえるかという話になりますが、一般的には引っ越し費用と転居先の初期費用の一部といったところが妥当なところかと思いますが、あとは交渉次第といったところになります。粘り強く交渉してみるとよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
実際にどのような物を用意して 交渉にのぞめばよいのでしょうか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ご質問者様の側から、実際に何か資料を準備するという必要はありません。ご質問者様としては、家主に対して引っ越し費用等が準備できないので、退去はできないとの主張をして頂ければよいのです(立ち退き料を出してもらえるなら退去しないことも無いというニュアンスで)。

そうすれば、先に述べたように相手方も、あえて手間と費用をかけてまで事を荒立てるよりも、多少立ち退き料を払って示談したほうが良いと考え、相手方よりその提示があるかと思います。

要は、言い方は悪いですが、出たくても出れないといったようにゴネることです(ゴネないと具体的な金額も上がりませんので)。

あえて資料を準備しておくとするなら、具体的な立ち退き料の根拠となるように、近隣のマンションを借りる場合の初期費用や引っ越し代の見積もりなどとっておくとよいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問