JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
office-oneに今すぐ質問する
office-one
office-one, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 21
経験:  宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
60334013
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
office-oneがオンラインで質問受付中

現在私の自宅の隣に3F建ての家が建とうとしてます、 私の家にはソーラーパネルを設置しておりますが、隣の家の高さの

質問者の質問

現在私の自宅の隣に3F建ての家が建とうとしてます、
私の家にはソーラーパネルを設置しておりますが、隣の家の高さの
せいで東からの日が遮られソーラーに日が当たらなくなりました
この場合お隣に何らかの請求をする権利はありますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  office-one 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

建築には、建築基準法という法律があります。

計画する際には、一定の建築物は、その法律に適合するように設計がなされ、建築確認申請の許可をもらわなければ建築ができません。

その意味では、適法に建築されていると考えられます。

しかし、違法建築も中にはありますので、設計図通りに工事が進められているか、確認する必要もあるかもしれません。

日当たりに関する項目での建築基準は、日影制限があります。軒高7mを超える建物は、

日影図を作成し、周りの家に影響がないか確認しなければなりません。

具体的には敷地境界から、5m、10mの測定ラインを設定してそのラインを越えて一定以上の日影を生じさせないように建築物の形態を制限するこどです。

ただし、商業・工業・工業専用地域には、規制がありません。

また、地域によっては、地区計画等の基準も該当するかもしれません。

したがって、基準が適法か確認するために、役所の建築指導課等で相談されてはどうでしょうか。

基準が、適法であれば、賠償請求等は、困難と考えます。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問