JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 312
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

南に畑が広がっている建売住宅を5年前に購入したのですが、去年、その畑に3階建てのアパートが建ってしまいました。今年老

解決済みの質問:

南に畑が広がっている建売住宅を5年前に購入したのですが、去年、その畑に3階建てのアパートが建ってしまいました。今年老母を迎えようと思っていた1階の部屋には今の時期、ほとんど日が差さず、景色や温かいのを楽しみにしていた母には、 何とも気の毒です。建築したのは大和ハウスですから、法律的にはたぶんクリアしているのだと思いますが、先日、そこの地主がお金を持ってお詫びとのことで来ました。聞けば、同じ宅地の他の家にも配っているとのこと。そんなものいらないと言いましたが、何か、問題でもあるのでしょうか?実際はどうなのか相談します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.
都市計画区域内及び準都市計画区域内では種々の建築制限があります。日影に関係するものとして隣地斜線制限、北側斜線制限等です。一度、役所の建築指導課に行かれ、ご貴殿の地域の建築制限について確認をして、アパートに法令上の問題があるのかどうかを確認されたらいかがでしょうか。その上で問題があるようであれば他の家の方とも相談の上、対応策を検討されたらいかがでしょうか。
pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問