JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

分譲マンションを所有している者です。 登記上の持分は私が95%、5年前に協議離婚した元妻が5%となっています。また

解決済みの質問:

分譲マンションを所有している者です。
登記上の持分は私が95%、5年前に協議離婚した元妻が5%となっています。また旧住宅金融公庫の住宅ローンを 利用しているため抵当権が設定されています。
協議離婚の際に、口頭で所有権と住宅ローン返済は私が引き取ることを合意したのですが、登記変更手続きを失念していました。現在はお互い音信不通です。
これから持分を私100%に変更するにはどのような手続きが必要でしょうか?また、そのままにしておいて将来売却する際の手続きはどのようになりますか?
ご教示いただきたくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

元奥さまとは、音信不通ということですがご連絡を取ること自体は可能なのでしょうか?

登記手続きは当事者双方が協力して行うのが原則です。そして、今回のようなケースで単独で登記手続きをしようとする場合、訴訟を起こして勝訴判決をとる必要があります。

ですので、ご連絡先がわかるのであればご協力していただけるようお願いするほうがよろしいかと存じます。

仮に連絡先等も分からないのであれば、登記手続きをするのはかなり困難になってきます。というのも、訴訟をするにしても相手方の住所を知っておく必要があるからです。

※例外的に公示送達という方法で訴訟を起こすこともできますが、かなり大変な手続きになります(仮に専門家に依頼するならその費用もかなりかかります)。

しかし、これ以外に方法が無いのも事実ですし、ご自分で対応するのもかなり難しいかと思われますので、この場合は専門家(弁護士又は司法書士)に依頼するほうがよろしいかと存じます。

そして、将来売却するには、上記の方法で名義変更しておくことが必須になります。

たとえ持分はわずか5%だとしても、共有者がいる不動産を一般の市場で売りに出したとしても、まず買手はつかないことがその理由となります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

状況は理解できました。

「専門家への依頼」の中身について教えていただきたいのですが、元妻への連絡・説明・必要書類の取付などもお願いすることは可能なのでしょうか?

 

因みに元妻の実家の住所・連絡先はわかるのですが、そこに今もいるかどうかわかりません(再婚している可能性も有です)。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信有難うございます。

弁護士さんに依頼するのであれば、相手方への連絡・説明・必要書類の取付など全て代理で行って頂くことができます。

司法書士であれば、建物の価格によって変わってきますが、必要書類の準備はやってもらえるが、相手との交渉などはご自分で対応することになることが多いかと存じます。

 

※相手方が協力的であれば、あえて弁護士さんに依頼する必要はないかと存じますが、非協力的であれば弁護士さんに依頼するほうが良いかと存じます。

当然、費用も弁護士>司法書士というのが一般的です。

 

また、実家が分かっているのであれば、そこから住民票などを追っていき、現住所を特定することもできます(弁護士、司法書士共に)。

ただし、探偵ではないので、相手方がきちんと住所移転の手続きなどをしていないと特定できないケースもありますのでその旨ご了承ください。

 

先にも述べました通り、相手方と連絡が取れなくなってしまうと手続きは非常に難しいものになっていきますので、お早めに対応されるほうがよろしいかと存じます。

具体的な手続きのご相談をご希望であれば、法テラスという国の機関か、お住まいの県の弁護士会又は司法書士会を通じて専門家をご紹介頂くことをお勧めします。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/

 

【弁護士会】

http://www.nichibenren.or.jp/contact/consultation.html

 

【司法書士会】

http://www.shiho-shoshi.or.jp/activity/var_consulting/center_list.php

 

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問