JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

土地を購入したのですが、3年前に隣のアパートで殺人事件が発生していたことが分かりました。 契約時何の説明もありませ

解決済みの質問:

土地を購入したのですが、3年前に隣のアパートで殺人事件が発生していたことが分かりました。
契約時何の説明もありませんでした。
 不動産会社は、知らなかったの一点張りです。
不動産会社に賠償を求めることはできますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。おはようございます。

1.土地の購入に関して,隣のアパートでの殺人事件はまったく無関係でして,
そうした事項は説明義務の範囲には含まれません。
不動産業者がその事実につき知っていても知らなくても同様です。
いわゆる事故物件というのは,同一の不動産物件に関してなのですが,
土地に対して隣のアパートというのは明らかに別の不動産物件だからです。
2.実質的なご説明をしますと,あなたの購入された土地というのは,
隣のアパートで起こった殺人事件によっては,まったく価値の下落を生じないのです。
つまり,あなたの購入した土地の価値は,事件の前後で変化がありませんので,
あなたがそれを知らずに購入したとしても,何ら損害がないのです(実は安いはずの土地だったのに,高く買わされた,ということではないということです)。
仮に,隣のアパートでの事件が,土地の価値に影響するとすれば,周囲の土地の所有者は,一斉に,資産価値の一部を失うことになり,そうすると,原因である殺人犯人に対して,全員が損害賠償請求しなければならないことになりますが,そのようなばかげた話はありませんよね。
 そうである以上,不動産業者に対しては,もっと損害賠償請求できる根拠はないことになります。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
上記回答は,あなたが期待なさっていたであろう内容とはまったく異なると思うんですね。
しかしながら,あなたのご質問を検討した結果,専門家である我々からみても,また,常識的にも,隣地のアパートでの殺人事件の事実は,土地購入の際の重要事項説明義務には到底含まれず,したがって説明義務違反を理由とする損害賠償請求が認められることはないという結論しか,法律的にはあり得ませんので,上記の通り回答した次第です。これは,回答を求められた専門家として示すべき当然の内容ですので,期待に反するということは回答を拒否する理由とはならないことをご理解されたく追記します。

なお, 隣地のアパートの殺人事件で,死体または死体の一部が購入された土地に埋められていた,などの特別な事情がある場合は,話はもちろん変わってきます。
そのような特殊な事情がない場合は,先の回答の通りですので,専門家に回答を求められたことに対する責任をもう一度お考えいただきたいと思います。
bengoshimailmeをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問