JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

houmuに今すぐ質問する

houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 902
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私どもは千葉で7階建てのマンション56世帯に住んでいますが、3・11の地震で建物が0.7度傾きました。原因は建築者の調査で、基礎の7割の杭にひびが入り、座屈して傾いたとのこと、実際

質問者の質問

私どもは千葉で7階建てのマンション56世帯に住んでいますが、3・11の地震で建物が0.7度傾きました。原因は建築者の調査で、基 礎の7割の杭にひびが入り、座屈して傾いたとのこと、実際に我が家の廊下では、缶ビールが勢いよく転がりますし、神経質な方は床の傾きに気分が悪くなる人もいます。築40年の建物なので、建築者(大手ゼネコン)に責任を問うことはできないと多くの助言者は言いますが、納得がいきません。その理由は、すぐ5M隣のマンションはまったくそのような被害がないこと。また、建築の施工直前に基礎の杭の径を細くして施工している、などの理由です。また、建設省が主催した集合住宅の設計コンテストに合格した建物であり、土地は国が埋立地を提供して、供給能力を実証させた建物なのです。建設業者は、「今度また大きな地震があった時には、保証できない」といわれ、不安な毎日を過ごしています。この状態をこれ以上進まないようにするためには、最低の工事(傾いたまま基礎を補強するだけ)でも2億円かかると、当の建築業者は見積もりをだしており、それ以上責任を感じて安くするという気配もありません。1戸当たり250万円は、年金暮らしの身には到底払えません。
最近の最高裁の判例で、建築の瑕疵があった場合には、20年ではなく、その瑕疵が発見されてから3年以内には、責任を問える、というのがありましたが、瑕疵までは問えなくても(私どもは瑕疵と思いますが)何らかの方法はないものでしょうか。        
千葉市美浜区高洲1-14-8-105      有水 章   TEL XXX-XXX-XXXX
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
>最近の最高裁の判例で、建築の瑕疵があった場合には、20年ではなく、その瑕疵が発見されてから3年以内には、責任を問える、というのがありましたが
こちらの判例は、どちらでみられましたか?

掲載されているホームページや、いつの判決かなどわかりましたら教えて下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

専門家ではないので、2つの例を混同して解釈しているかも知れないのですが、

 

第724条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

 

この3年と、時効の中断をした多くの判例です。また、以下の最高裁の判例で、基礎などに基本的な欠陥があり、身体に危険が迫っている場合は「建築に瑕疵がある」と判断するという内容です。

 

http://www.freshfields.com/publications/pdfs/2011/aug11/30922.pdf

 

素人の考えですが、

 

コンクリートの建物は、構造部分は100年もつといわれているのに、震度5くらいの地震で傾き、次の大きな地震では倒壊の恐れがあるというのは、欠陥であり瑕疵があると思わざるを得ない。

 

土地は埋立地で液状化が予測されるのに、杭の太さを細くする設計変更をしている。液状化の起こった新潟地震の4~5年後に設計されており、地質調査のデータも入手しているはずなのに(20メートルまでN値がほぼゼロ)、このような変更を行っており、その計算の根拠も要求しても開示しない。

 

もし、時効が20年とすれば、基礎杭などの住民の目に見えない部分の手抜きをし、20年間バレなければ何の罪にはならない、ということになる。

 

他の同様の場所に建つ建物には基礎部分にはなんの被害がない、というところを見ると、この建物は例外的に弱い作りになっていたと思わざるを得ない。したがって、前記の施工時に杭を細くするように設計変更していることが、原因の一因になっていることを疑わざるを得ない。

また、近所で「壁に地震の被害を受けたマンション」があるが、そのマンションの施工者も同じ会社であり、他の会社の施工で被害があった例を未だに聞いていない。

 

などなど、考えるほど腹がたってきます。よろしくご指導ください。

 

 

 

 

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
消滅時効と除斥期間を勘違い・混同しておられるものと思います。

消滅時効というのは、一定期間権利を行使しない場合に、その権利がなくなる制度であり、ご質問で記載されている「損害及び加害者を知った時から3年間」というのはこれに当たります。
一方で除斥期間というのは、法律関係を確定・安定させることが目的で、時効のように中断するということがありません。
つまり、20年を過ぎていても、3年以内であれば大丈夫なのではなく、基本的には3年以内だが、20年を過ぎると権利行使できなくなる、という制度なのです。
ご紹介いただいたリンク先も拝見しましたが、除斥期間の20年を過ぎていても・・・という記載はありませんでしたので、あくまで20年以内でのケースであると推察致します。

以上のように、原則として難しいのですが、除斥期間の20年について、例外的な考え方を認めた例が、全く無いわけではありません。
H16/4/27最高裁第3小法廷判決では、「不法行為により発生する損害の性質上,加害行為が終了してから相当の期間が経過した後に損害が発生する場合には,当該損害の全部又は一部が発生した時から進行する。」とした例や、H18/6/16最高裁第2小法廷判決では、「乳幼児期に受けた集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染しB型肝炎を発症したことによる損害につき、B型肝炎を発症した時が724条後段所定の除斥期間の起算点となる」とした事例があります。

あくまでもこういった判断例がいくつかあるというレベルですので、事例があるから請求できますとまではいえませんが、全く可能性が無いわけではありません。ご参考にして頂ければと存じます。





質問者: 返答済み 4 年 前.

それでは、この基礎杭の太さの変更が「不法行為」であるかどうかということが問題になると思いますが、仮に杭の設計が、もう一度計算してみて、当時の建築確認申請の基準にも満たしていなかったときには、不法行為といえるのでしょうか、それとも想定していない液状化が原因なので、いずれにしても責任は問えないということになるのでしょうか。専門家の感想で結構なので、教えていただけますでしょうか。つまり可能性がどれほどなのかということが知りたいのです。よろしくお願いいたします。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
当初の設計通りの太さで建築された場合の損害、変更された太さで建築した現状で発生した損害、当時の平均的な専門家にどの程度の予測ができたかといった検証が必要になってくるかと思います。
太さの変更により、法定の基準を満たしていなかったのであれば、不法行為に該当する可能性は高いですし、必ずしも違法でなくても予見可能性があれば不法行為に該当する可能性があります。一方、損害賠償額の判断にあたっては当時の予見可能性は大きく影響すると考えられます。
現時点では、まず法律に詳しい建築士さんを探して、現状分析をしてもらい、その方と、建築に詳しい弁護士さんとの間で協議検討してもらうというのが、解決の近道かと思います。

houmu, 行政書士
満足したユーザー: 902
経験: 行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
houmuをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

専門家が回答するというので、このような問題に詳しい弁護士が応えてくれるものと

誤解しておりました。たしかにこのような費用では無理かも知れませんが、無料相談

などもある世の中なので、誤解しておりました。

ありがとうございました。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 4 年 前.
弁護士です。はじめまして。
このサイトの規約上,他の登録専門家が回答に着手したあとは,その回答内容の当否,回答者の適否にかかわらず,別の者が回答することができない決まりになっています。
そのため,私は直接にお答えすることができませんが,ここに示されている回答は,ご質問への回答になっておりません。
承諾ボタンを誤って押されておいでのようですので,ユーザーヘルプページの,
にしたがい,info@justanswer.jpにメールをして返金を請求すべきと考えます。
なお,弁護士である小職の感想としてですが,例として挙げられている最高裁判例は,同じく例として挙げておいでのpdfの解説を書いたフレッシュフィールズ法律事務所の弁護士のいうように,今回のご質問との関係で非常に大きな意義を有していると解されます。ポイントは,「瑕疵が差し迫った危険をもたらしている場合に限られず、放置されるといずれは危険が現実化する場合も含まれる」とした点です。
この判決は,先例として有効であることは間違いありません。そして,ご質問のマンションの傾斜を生じさせている原因部分は,建築士などの判断を待つまでもなく(裁判になった後,証拠調べ段階では必要),明らかに上記瑕疵といえると思われます。よって,この点で争うことになると思いますが,その際,例えば,千葉県弁護士会の土地建物,建築の相談窓口,日本建築家協会の住宅相談室などにまずは相談なさってみてはと思います。
*回答ではありませんのでこのコメントには承諾なさらないで下さい。
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
当初のご質問では、3年、20年という時効に関するご質問でしたので、この点については
ご満足いただける回答ができるものを思い、対応させて頂きました。
(不十分なようでしたら再質問いただけましたら、可能な限り対応させて頂きます)
建築関連分野に関しましても、よくご相談をいただきますので、2回目の回答もさせて
頂きましたが、ご質問の杭の太さだけで判断できることではありませんので前回の通り回答させて頂きました。技術的な視点や、当時の業界内の常識を検討し、その上で法的な側面から検討することが好ましいと言えます。

このサイトでは、あくまでもご質問者が納得された場合にお支払いをいただくというシステム
になっております。デポジット代金に対して回答が不十分だとお考えでしたら、再質問頂くか又はご遠慮なく返金の申請をされてください。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 4 年 前.

試行済み:
私は、修繕委員になっており、さまざまな相談窓口を調べる役割をまかされています。相談の結果を文章で住民に開示しなくてはなりませんので、よろしくお願いいたします。

を読めば,質問の趣旨が,当初から,時効と除斥期間の問題ではないことは明らかです。

貴職には昨日,何度も忠告及び申し入れをしましたのに,言い逃ればかりで一向に聞き入れなかった結果がこれです。

専門家が回答するというので、このような問題に詳しい弁護士が応えてくれるものと誤解しておりました。たしかにこのような費用では無理かも知れませんが、無料相談などもある世の中なので、誤解しておりました。
と言われて,ここにいる弁護士である私がどれだけ恥じ入ったか,あなたには到底わからないでしょう。立場と学識と資格をわきまえなさい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

書かれた文章の意味がわかりません。

まず、「質問の趣旨が,当初から,時効と除斥期間の問題ではない」とは、どういうことでしょうか。まさに、この点を専門家にお聞きし、時効になっていないことを期待して、私はその点を 他の住民に説明しなくてはならない立場です。また、「貴職には昨日,何度も忠告及び申し入れをしましたのに,言い逃ればかりで一向に聞き入れなかった結果がこれです。」とは一体どういうことでしょう。あなたとは、一度も昨日は連絡いただいたことはありませんよ。あなたからは一方的に「満足のいかない返答には承諾すべきでない」とこのサイトから、アドバイスを受けただけですよ。

「ここにいる弁護士である私がどれだけ恥じ入ったか」とは、何のことでしょう。私は弁護士さんに書いた覚えはありません。むしろ、本日もらった弁護士さんの建築の瑕疵についてのご回答に、とても喜んでいるのですよ。親切なアドバイスまでいただいて。

どうも、なんだか行き違いか、誤解があるようですね。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 4 年 前.
大変申し訳ありませんでした。
先ほどの発言は,ご質問者様に対するもの ではありません。回答者のhoumu氏に対するものです。

実は昨日,質問の趣旨から外れた解説をしているのをみて,こちらの内部でやりとりをしておりました。
私の指摘に対して,「質問者が時効と除斥期間を勘違い・混乱している」というふうに反論していたことを指したのが,先ほどの「貴職には昨日,何度も忠告及び申し入れをしましたのに,言い逃ればかりで一向に聞き入れなかった結果がこれです」です。

本来は,他人が回答した質問に重ねて投稿することや,この場で,専門家同士が言い争いをすることは禁じられています。それに反することを私がしたせいで,誤解を生んでしまい,ご気分を害してしまって,たいへん申し訳なく思っています。
質問者: 返答済み 4 年 前.

わたくしも返答をした後で、私の誤解で、専門家同士のご相談では無いかと気づきました。

お二人の専門家を煩わせたのですから、「回答を承諾する」で結構です。bengoshさんのアドバイスで、相談窓口に相談してみます。ありがとうございました。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 4 年 前.
これから同様の問題が各地で発生すると予想されます。救済に向けた動きもますます出てくるはずですので,相談の実績だけでも残しておかれると結果は違ってくると思います。
先日はほんとう失礼致しました。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/OF/officeone/2011-10-31_104514_005.64x64.JPG office-one さんのアバター

    office-one

    宅地建物取引主任者

    満足した利用者:

    11
    宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    1
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    68
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    58
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    30
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    27
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問