JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

★南側に建った11階建てのマンションとの相隣関係でお伺いします★ 当方は一戸建ての3階住宅で、南隣に11階建ての賃

質問者の質問

★南側に建った11階建てのマンションとの相隣関係でお伺いします★
当方は一戸建ての3階住宅で、南隣に11階建ての賃貸マンションが新築されることになりました。
近隣説明会で渡された図面がかなり当家と接近していたため、施工業者と交渉し、数センチ南側にずらして建設する旨と、マンションの廊下に目隠しを施工するなどのプライバシー対策を施す事で文書合意しました。
ところが、ほぼ外観が完成した段階になって施工業者より、「南西側は約束の距離を空けたが、南 東側が手違いで10センチほど近くに建ててしまった」と言われました(つまり当家と並行ではなく、ななめに建てたということです)。
建築基準法では問題ないが、相隣関係の解決として取り交わした約束が守れなかったお詫びとして、20万円を払うと打診されています。
 お伺いしたいのは、この場合20万円という金額が妥当なものかということです。
□着工前から、我々はマンションとの距離についてなるべく離すよう強く要望し、文書で約束していた
□手違いで施工位置を間違えるというのは、おそらくあり得ないことで、建ててから金で解決しようと思っていた感が拭えない
□予定より近づいた部分には、マンションは外廊下があり、当家にはベランダとルーフバルコニーがありプライバシーと防犯上、心配である
 上記のような理由で、20万円という金額の妥当性が今ひとつ信用できません。
 いかがなものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

マンション建設の事業計画の際には、近隣対策費として施工金額のおおむね1%から3%が予定されます。その予算範囲で現場周辺で迷惑を及ぼすと思われる住民に対して迷惑のかかる強弱を勘案して割り振るようです。人数にもよりますが、おおむね10万円から3 0万円位の迷惑料が多いようです。施工業者より「南東側が手違いで10㎝ほど近く建ててしまった」と報告があったようですが、建築基準法上の問題がないにもかからわず、そのような報告を住民にするのは、後日そのことが判明して問題となるよりも事前に正直に事実を報告したものと思われます。比較的良心的な業者だと思います。

ご近所様にも同じような条件提示をしている思われますが、皆様と相談の上返答されたらいかがでしょうか。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問