JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

境界線についてご相談です。 S55年5月築の中古住宅をA氏より、H1年9月に購入し、H22年12月に新築 (土地

解決済みの質問:

境界線についてご相談です。
S55年5月築の中古住宅をA氏より、H1年9月に購入し、H22年12月に新築
(土地は旗さお型)
A氏が購入の際、車が入らないので隣家のB氏に塀を数センチずらす様不動産会社に依頼。
B氏はずらした。A氏は、B氏の息子の学校の先生。
その事情を知らぬまま22年間 居住。そのままの土地を使用できると思い込み新築(私どもの不注意)
今年になり、測量をしたのに、境界線をはみ出ていると言われ事情を知った。
B氏が新築する際、境界線に従うと伝えたし時効取得を申請するつもりはない。
が、B氏は自分がその気になれば、2.3年後には我が家を壊し、住めなくなる。と、言っている。夫は好きな様にさせておけ!と・・・
専門家のアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

B氏は自分の新築の際には、既存の塀を本来の境界線まで戻すように請求してくると考えられます。その場合ご自分の費用負担で塀を撤去し、本来の境界位置に塀を再築されるお考えであれば、このままでよいと思いますが、そうでないならば取得時効の援用を申し立てることを検討された方がよろしいかと思います。

また、B氏がその気になっても法律上、あなたの家を壊すことはできませんので、その点は心配される必要はありません。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問