JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

昨年XX市XX区XXNN-Nで土地約34坪の中古住宅を昨年業者に売却しました。土地の形状や築27年の古い建物付きで

質問者の質問

昨年XX市XX区XXNNN-Nで土地約34坪の中古住宅を昨年業者に売却しました。土地の形状や築27年の古い建物付きで解体費用など業者からいろいろいちゃもん付けられ、結果1230万円で売却しました。後で公示価格というものがあることを知り、公示価格と比較してあまりの安さに未だ納得していません。その後業者は古い家屋をリフォームして売却したようです。これは契約違反では?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

買い取り転売業者は、不動産物件を市場販売価格の70%位で仕入れをし、リフォームや建物解体をして更地として販売、或いは建て売り住宅を建築して販売します。仲介で一般エンドユーザーに売却した場合は周辺相場と同程度の金額で売却できますが、 業者買い取りとなりますと市場価格より安くなってしまいます。買い取り転売は商行為ですので、それ自体は契約違反とはなりません。住宅売却の販売期間は概ね3ヶ月位が目安ですので、相場より安ければ早く売却できまた、高めですとなかな か買い手が現れません 。業者買い取りの場合は売り主が売却資金を急ぐような場合とか、買い換えで新規の物件の決済に間に合わせるために業者が買い取る等の場合が多いケースです。ただし、売却委託をする際に相場価格を偽り、明らかに詐欺行為によって不当に安く売却させたということが証明できれば、損害賠償を請求することも可能です。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問