JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

14年前に、2所帯住宅を新築しました。土地は両親の物です。 「相続で、土地をあげるから」・・と言う口約束で、350

質問者の質問

14年前に、2所帯住宅を新築しました。土地は両親の物です。
「相続で、土地をあげるから」・・と言う口約束 で、3500万円のローンを私が払い続けております。父が亡くなりましたが、約束は守って貰えず、母親がすべての財産を持ったまま家を、出ました。「遺言書が有り、このことは仕方がないと思っております。」
1階部分を両親が、使っており、間取りも自分たちで勝手に決めているため、後の使いようもなく
困っております。
未払いの、家賃及び、住宅の回復費を請求したいのですが、手続き方法、又、請求が可能か
教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

過去の家賃や光熱費の請求をすることは事実上はできますが、
法律上は、何を根拠にするかという点が問題となり、本件ではその法律上の根拠が
見つかりません。
お母様が財産を持って勝手に出て行かれたということは、土地についてお父様から
譲り受けるつもりがないということだろうと思いますから、
あなた方が、お父様の土地全てを取得したことになりますよね(通常はお母様との共同相続で相続分により共有。お父様生前の言葉は別として)。
そして、お母様は出て行っていてその二世帯住宅にはお住まいでないわけですから、
その土地も家屋もあなた方が完全に自由に使用収益処分できると思われるのですが。
よって、その住宅のご両親のスペースを使いようがなく無駄だということでしたら、
土地建物全部を売却してしまうこともできますし、
ご両親のスペースまたは二世帯全てを他人に賃貸することも可能です。
(いまはそのような住居をシェアハウスとして数人に賃貸する形式も広がっていますよ)
お母様が出て行かれなければそれは不可能ですから、お母様に過去の家賃等を請求すべき理由はないということになります。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
ご質問に対して,専門家である我々の見解としては上記回答の通りです。
その内容は,あなたが期待されていたものとは異なるであろうことは想像できますが,そのことは回答を確認しながら放置する理由とはならないと考えます。
お母様が住んでいないことはあなた方にとりメリットとなっています。それ以上に,お母様に対して請求する理由はありません。そのことを念頭にもう一度回答をお読みください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

質問内容をよく読んで頂いた、回答とはとても思えませんので今回は、

承諾を見送りました。

このように承諾を迫る、メールは、このサイトの規約に外れる行為で、

抗議致します。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
承諾の有無は質問者の自由ですので。お任せします。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
>質問内容をよく読んで頂いた、回答とはとても思えませんので

よく読んでみたところ,ご質問には「2所帯住宅」と書かれていました。
当職は「二世帯住宅」だとばかり思い,それを前提に回答しましたので,その点であなたが求めておいでの回答とズレていたのかもしれないですね。
当職は「2所帯」住宅というものを存じませんので,今調べてみましたが,どうしても見つけることができませんでした。

なお,ご両親またはお母様との間で,賃貸借契約を結んでいたという事情がありませんので,前述の通り家賃の請求はできません。家賃という概念が発生する根拠がありませんので。
ご両親の居住スペースに関して,設計に際して,ご両親が使いやすいような間取りにすることは当然だと思われるのですが ,その間取りを受け入れることができない場合は,施主であるあなた方には,間取りの設計についてご両親を交えて協議する機会があったと解されます。ですので,「勝手に間取りを決めた」ということはできず,今になって住宅の回復費を請求する根拠はありません。

また,本来は,お母様が家を出て行かれたとしても,ご両親の居住部分を自動的に取得できるとは限らないところ,事実上,住宅の全体について自由な使用・収益・処分ができることで折り合いをつけることにすれば,現実的な解決方法となりうるのではないかと提案した次第です。もともと,新築に際してのご両親との間での合意は,法律的な意味を持つ「契約」とはいえませんから,あなたのおっしゃるような請求をする法的な権利は発生していません。
よって,「2所帯」の問題の有無にかかわらず,ご質問を幾回読み直したとしても,弁護士としての回答は変わりません。


*承諾を迫るメールをお送りしたことはありません。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問