JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

うちの家は北向きで、二階の南側に大きな窓をとっています。 その南側(うちの裏)に家が建築されることになり、現在進行

解決済みの質問:

うちの家は北向きで、二階の南側に大きな窓をとっています。
その南側(うちの裏)に家が建築されることになり、現在進行形です。
ふと見ると、その建築中の家の北側に、うちと向かい合うかたちで同じような窓があったので、(その間約80㎝)
工務店にその旨を伝えたところ、「向かい合うことを承知して作った。だから、すりガラスにしている。」
とのこと。
納得いかないので、施工主と話がしたいと申し出たのですが取り合ってもらえません。
今更、変更は無理としても誠意も配慮もないことに憤りを感じています。
これからずっと住むのに、その方とうまく関係がもてるとは思えません。
都会の狭い限りある土地でのこと、本当は、話し合いのなかで「お互い様」と思えるようにしたいのです。
入居してからでは遅いので、できるだけ円満に解決したいとおもっています。
どうすればいいのか、困っています。
どうぞ、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

境界線から1メートル未満のところに、他人の宅地を眺めることができるような窓や縁側を作ろうとする者は、目隠しを付けなければならない。(民法235条)

従って、すりガラスではなく目隠しを取り付けるように要求したらいかがでしょうか。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問