JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kanekiyoに今すぐ質問する

kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

初めまして。突然の質問で失礼します。 今、不動産関係のことで問題が起きており、回答をいただけるとありがたいです。

解決済みの質問:

初めまして。突然の質問で失礼します。
今、不動産関係のことで問題が起きており、回答をいただけるとありがたいです。

~内容~
今、別の方に家を貸していてそちらから家賃収入が6万ぐらいあります。貸している土地と家は私が6割、おばあさんが4割所有しています。その家賃収入からおばあちゃんに月二万程度払っていま した。父が生きている時にはそのように払えと言われたことがなかったのですが、父が亡くなり急に家賃を払えと言われました。(おばあさんは父方です)

そもそも昔は今貸している家に住んでいたのですが家賃など払ったことも無く、引っ越してからも私の家はおばあさんに土地分を払ったことはありません。

しかし貸している方の家賃滞納があり4~5年前くらいからおばあさんに家賃は払ってなく、それまでは一切何も言ってこなかったのですが、突然に連絡来て払っていない分の250万弱を全額を即払えと言われました。


そして払えないなら訴えると言われました。

このような場合私はおばあさんに250万弱を払う義務あるのでしょうか??
また訴えられた場合において私はどのくらい金額を払うリスクを背負うことになるでしょうか?
そもそもこのような条件の下で訴えられることはかのうなのでしょうか?

ポイント
1、契約書は無く口約束。所有者は私なのに母と。

2、確かに4~5年前は払ってたいました。

3、土地の名義は私が6割。おばあちゃんが4割。家自体の所有権も私が6割。おばあちゃんが4割。

4、払ってない時にすぐ連絡があったわけではなく、急に連絡が来ました。

5、住んでいる人と契約しているのは私です。(契約書におばあさんに払うと明記はありません。)

6、固定資産税は10割私が払っている。

7、今住んでいる方は家賃の滞納分の全額返済は済んでいませんが、月の家賃は払っています。

8、私はおばあさんから見て孫にあたり親族です。


父が亡くなったときに相手側から縁を切ると言われており、こちら側としてはお金を払いたくはありません。
電話口では詐欺師や泥棒などと言われており困り果てています。


私には判断が出来ずに困っています。回答をよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

賃料を支払う旨の契約がないのであれば、請求されている250万円を支払う必要はありません。また、相手が賃料の支払いを請求して訴えたとしてもその証拠(契約書など)がなければ支払を認める判決がでる可能性は低いかと存じます。

しかし、おばあ様が持ち分を4割もっていらっしゃるという場合、おばあ様もその土地、建物を使用する正当な権利をお持ちであるとこは確かです。

そして、おばあ様はその土地、建物の分割を請求することが可能です(共有物分割請求)といいます。

こうなった場合、おばあ様はご質問者様に対し、現物の分割(土地の分筆など)や価格による賠償(持ち分をご質問者様が買い取るなど)を請求でき、ご質問者さまはそれに応じる義務があります。どのように分割するか当事者で協議が整わなければ裁判になることもあります。

ですので、現時点で賃料として250万払う必要はありませんが、共有者の一人であるおばあ様から正式に共有物分割の請求を受けた場合は、相応の対価などを支払う必要はあります。

以上のとおり、今まではある意味、おばあ様のご厚意で何の対価もなく、ご質問者様がその共有物(土地、建物)をご利用してきたかもしれませんが、残念ながら共有者であるおばあ様がその権利を腫脹するのであれば、相応の対価が必要になってまいります。今後は、ご質問者様が持ち分を買い取るなどお話合いで解決を測るべきではないかと存じます。

もし、交渉に不安があるのであれば、お住まいの県の弁護士会、司法書士会(ネットで調べればすぐに連絡先はわかるかと思います)、または法テラスなどで専門家にご依頼することもご検討いただければと思います。

【法テラスHP】

site:http://kaneko-shiho.com/

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

法テラスHPは以下のとおりです。

http://www.houterasu.or.jp/

先のURLは誤りです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答ありがとうございます。読んでいるうちに心が落ち着いてきました。先ほどは焦っていてわらにもすがる思いで相談させていただきました。

 

回答をいただいて 何点か質問がございます。

 

 

1、共有物分割請求をもう少し詳しく教えていただきたいのですが、もしおばあさんが余っている土地を私に売却したいとなったときに、うちがそれに応じない場合は裁判ではどのようなことで争われるのか教えていただきたいです。判例があるとうれしいです

共有物分割という制度がいまいちわかりません。

私が持っている土地と家をおばあさんから買取り登記を一緒にするということでしょうか?

 

2、今後、家賃を支払うと言う誓約書を裁判で書かせられると言うことはありえますでしょうか?

 

3、民事裁判での小額訴訟を起こされた場合にも払わない可能性が高いでしょうか?

 

 

 

回答をいただき少し安心することが出来ました。ありがとうございました。何点か不安もございますので回答をいただきたいです。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返答有難うございます。

まず1についてですが、基本は現物分割になります。しかし今回は建物があり実際の分割が難しいので、代価分割になろうかと思います。これは共有物を第三者に売却して、その売却代金をそれぞれの持ち分に応じて分けるという分割方法です。

次に2ですが、先にも述べましたとおり、お聞きする状況にて裁判でこれまでの家賃を支払えという話になる可能性は低いかと思います(絶対にゼロとはいえませんが・・・)。逆に、あえて共有物分割をせず、現在の権利関係(6,4の共有のまま)のままで現時点で得ている賃料を按分するという話し合いをする余地は思います。ご質問者様が仮に分割請求されることを望んでいないのであれば、この方向で交渉すべきかと存じます(その分、固定資産税など費用ももちろん按分という条件で)。

最後に3ですが、少額訴訟とは訴額が60万円以下でなければ利用できない手続きです。ですので、今回の請求ではそもそも少額訴訟は提起きません。

kanekiyo, 司法書士
満足したユーザー: 481
経験: 大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答していただいてありがとうございます。

 

 

お返事をいただいて納得することが出来ました。こちらも訴えられるという経験が無いためにいろいろと動揺してしまいました。

 

ご相談させていただいてありがとうございます!

 

 

安心することが出来ました。また何かありましたら相談させていただきます!

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご親族間の問題ですので、実際に訴訟などせずにお話合いで解決できるといいですね!

大変でしょうが頑張ってください!

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/OF/officeone/2011-10-31_104514_005.64x64.JPG office-one さんのアバター

    office-one

    宅地建物取引主任者

    満足した利用者:

    11
    宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    1
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    68
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    58
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    30
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    27
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問