JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

海外での勤務時期(2年間の予定)に日本で所有する不動産を売却する可能性があります。 このとき発生する利益には税金が

解決済みの質問:

海外での勤務時期(2年間の予定)に日本で所有する不動産を売却する可能性があります。
このとき発生する利益には税金がかかると思うのですが、その税金の計算方法は、日本で不動産を売却した場合の税金の計算方法と異なるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
先日、非居住者についてお答えしました弁護士です。

非居住者は、その所得のうち日本の国内で発生したもの(国内源泉所得)についてのみ日本の所得税が課税されることから、日本国内にある不動産を売却したときの所得に対しては、日本で所得税が課税されることとなります。
この所得は譲渡所得とされ、原則として確定申告が必要です。
この場合の譲渡所得の金額の計算方法は、居住者の場合と同様です。
dresquireをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問