JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

父が亡くなってやがて3年経とうとしています。母も体が弱く介護を受けている状況の中で、知り合いから、そろそろ父名義の自

解決済みの質問:

父が亡くなってやがて3年経とうとしています。母も体が弱く介護を受けている状況の中で、知り合いから、そろそろ父名義の自宅物件に相続税がかかるのではないか?と言われたそうです。
この状況では、名義を母に変えるべきなのでしょうか?それとも2人の息子も含めて連名の名義にするなどの処置をとった方が良いのでしょうか?アドバイスをお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんばんは。

まず,相続税が掛かるかどうかを考える際は,相続財産(遺産)の額が,基礎控除額を超えているかどうかを
計算なさると良いですよ。
基礎控除額は,5,000万円+(1,000万円×法定相続人の頭数)で,算出した額です。
例えば,お父様の法定相続人として,妻である お母様と子供二人の,3人だったとすれば,
5,000万円+(1,000万円×3)=8,000万円が,基礎控除額です。
相続財産を全部合わせて,この8 ,000万円を超えなければ,相続税は掛かりませんので,申告も納税も不要です。

今年の税制改正までは,日本人の100人に4人しか,実際に相続税を納税しなければならなかった人はいないという統計もありますので,それほどご心配なさらずとも良い可能性もありますね。

本来は,相続税が発生する場合には,被相続人の死亡から10ヶ月以内に申告をしなければならないこととなっており(これはもちろん,控除額を超えている場合です),申告していなかった場合には通常5年,意図的な脱税の場合で7年で時効となります。3年経とうとしているとのことですから,まだ5年には2年足らず,よって,基礎控除額を超える場合には,延滞税なども掛かりますが,申告なさった方が良いと思います。

なお,相続税が掛かるという問題と,相続財産をどのように分割するか(誰の名義とするか)とは,直接は関連しません。どなたの名義にしたとしても,基礎控除額を超えていれば,相続された人に税金は掛かります。
bengoshimailmeをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問