JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

来年4月の結婚の為に、アパートを12月17日に申し込みをしたんですが、急遽結婚がダメになり、断りの連絡を25日にした

解決済みの質問:

来年4月の結婚の為に、アパートを12月17日に申し込みをしたんですが、急遽結婚がダメになり、断りの連絡を25日にしたんですが、一ヶ月の家賃を払って欲しいので、契約書を作ったうえで、解約という形にするそうですが、ちなみに、来年1月は日割り計算で家賃を払うという事になっていました。現在敷金等37万払い込み済みで、一か月の家賃は6万7千円ですが、この一ヶ月分は払わなくてはいけないものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

1か月分の賃料相当額を支払う必要があるかどうかは、契約がすでに成立しているかどうかによって変わってきます。

契約成立前(申し込み~入居審査中)であればそのお金は預り金という形になり、申し込みを撤回した時は返金を求めることができます。

しかし、既に契約が成立(入居審査完了後)した後は、このお金は手付金という形になりますので契約を解除した場合、このお金は戻ってこないことになります。

よって、契約がすでに成立しているか否かが大きなポイントになります。では、契約が成立する条件とは何かと申しますと、契約当事者の合意があるということです。

今回のケースでいえば、申込者は申し込み時点、家主側は入居審査完了(貸してもいいという意思表示)時点で、お互いにその意思を持っていたことになります。

※上記のとおり、契約成立の有無は、契約書作成の有無ではありません。

この辺の事情を娘さんにご確認して、対処頂ければよろしいかと存じますが、ではなぜ仲介業者は、契約書を作成しようとしているかという点が疑問に感じると思います。

これは、後で揉めないための証拠作りです。ですので、契約成立の有無について争うつもりであれば、契約書は作成すべきではありません。

ただ、契約書さえ作成しなければ、必ず契約が成立していないと立証できるわけではありませんのでご注意ください。契約書がなくても、その他の事情(例えば審査完了の連絡を受けたから敷金を既に全額振り込んでいるなど)から、すでに契約が成立しているとみられる場合もあります。

kanekiyoをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問