JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 954
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私と弟で2世帯住宅の建築を予定しています。 1階が私(独居)、2~3階が弟世帯を予定しており、支払配分は1:5くら

質問者の質問

私と弟で2世帯住宅の建築を予定しています。
1階が私(独居)、2~3階が弟世帯を予定しており、支払配分は1:5くらいになりそうです。
ちなみに、土地は父の名義です。
この前提でお聞きします。
1)各世帯ごとに名義を分けることは可能でしょうか?私、弟ともに一世帯分を売 りに出したりする予定はありませんが、各自に不動産的財産を持っていたいという理由で、法律上別々の持ち物としたいのです。
また、何かの際には1世帯分を賃貸として貸し出すことも考えています。
2)2世帯住宅ではありますが、1つの建物で弟の方が多くお金を出しています。
私に対して、贈与税は発生しますでしょうか?

知識不足で質問に不備があるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
1.区分所有という制度を利用することで、法的に権利を明確にわけることができます。但し、区分所有というのは、二世帯住宅を念頭においたものではなく、分譲マンションで利用されている制度になりますので、構造によっては利用できません。例えば、玄関は一つしかなく、1階2階で住み分けるようなタイプでは、2軒の住宅とは言えず利用できません。
これから建築されるということでしたら、区分所有にしたい旨を伝えた上で、設計をお願いされるとよいでしょう。

2.区分所有を利用する場合、2軒の住宅ということですから、それぞれの住宅の部分が明確になります。住宅の設備や面積等から考えて、それぞれが妥当な割合で負担するべきであり、それを超えてだれかが余分に負担したということであれば、贈与税の課税対象になります。
houmuをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

houmu先生

 

先日は、早々にご回答頂き、ありがとうございました。

頂いた回答を元に、家族で検討いたしました。

その際、新たな疑問点が出ましたので、改めてお聞きします。

 

建築予定の家は、2世帯で完全に玄関が別れているため、区分所有制度が有効と思われます。

私と弟の支払額の比率と、建物全体の延べ床面積の所有比率がイコールではありませんが、登記する際には、支払額の比率で行いたいと考えています。可能でしょうか?

 

私は、実際の使用面積分よりも支払額が低いと思います。

ただし、登記する際は、支払額分のみとしたいのです。

 

追加料金が必要でしたらお支払します。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
>登記する際には、支払額の比率で行いたいと考えています。可能でしょうか?
区分所有というのは、通常マンションで使用されるというようにご説明しましたとおり、一つの建物ではありますが、それぞれ独立した所有権を持つ物件として登記されます。
従って、所有権の割合というような概念はでてきません。
1号室の所有権はご相談者様、2号室の所有権は弟さんとなり、それぞれ独立した権利になりますので、自由に売却・譲渡することが可能になります。

実際の負担額と、完成したそれぞれの物件の資産価値のバランスがとれていない場合、ご相談者様の得た利益が110万円(但し、本件だけではなく、誰からを問わず1年間に受けた贈与の総額です)を超える場合には課税対象となりますので、それを視野に入れた資金計画が必要になります。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問