JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

借地上の棟続きの長屋で隣家が分離取り壊しをしました。隣家は後じまいをせずそのままです。 隣家に後じまいをどうするの

解決済みの質問:

借地上の棟続きの長屋で隣家が分離取り壊しをしました。隣家は後じまいをせずそのままです。
隣家に後じまいをどうするのかを尋ねたところ。そのままで後じまいはせずとの答えでした。
後じまいをしてもらうにはどうすべきか教えてください。ちなみに隣家の世帯主は行政書士でかつ税理士です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.
建物の登記はどのように表示されていますか。また、現状はどのようになっており、どのように後じまいを希望されるのでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

木造瓦葺2階建 1階 132.55平方メートル 2階2.27平方メートル    

(専有部分の建物の表示)    建物の名称 C  居宅 木造瓦葺2階建  1階46.58平方メートル  2階11.55平方メートル  25番の1から区分

上記建物は取り壊され、閉鎖となっております。

長屋残存建物は屋内壁が外部にむき出しになっており、風雨にさらされる状態です。通常のトタン葺でもよいので風雨から守れるようにしてもらえればよい。

 

専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

棟割長屋形式の区分建物のようですので、建物の区分所有等に関する法律が適用されると考えます。構造上一体化した建物の一部を切り離すことは建物全体の構造強度に大きな影響を与えることも考えられるので、隣接した壁の接合部分は構造的に共有部分と考えます。従って、共用部分の変更が専有部分の使用に特別の影響を及ぼすときは、その専有部分の所有者である貴殿の承諾を得なければなりません。

現状の状態になることを承諾していない以上、共用部分と思われる接合部分の復旧、あるいは、その復旧に要する補修費の補償の請求ができると考えます。

弁護士会が設立しているADRセンター(裁判外紛争解決センター)に持ち込んで解決されたらいかがでしょうか。

また、区分建物の一部を取り壊した場合は、表題部の変更登記が必要になります。この変更登記は、取り壊した専有部分の所有者及び他の専有部分の所有者(貴殿)にも義務が発生しますので、変更登記に関することは、土地家屋調査士に相談することをお勧めいたします。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
この件に関して、時効は存在するのでしょうか?現在2カ月強経過しています。(いつまでも放置したままでは、請求権は消滅するのですかね。 建造物損壊との関わりはありませんか。この点もどうなのか分かりませんのでご教授願えませんか。宜しくお願いいたします。
専門家:  pote888 返答済み 5 年 前.

民法709条には自分の行為が他人に損害を及ぼすことを知っていながら、あえて違法の行為をして、他人の権利や利益を侵害し、損害を与えた者はその損害を賠償しなければならない。とあり、その損害賠償請求は損害の発生したことを知った時から3年間、その権利を行使しないと時効によって消滅する。また、不法行為が行われた時から20年が経過するとこの請求権は消滅します。(民法724条)従って、3年間の猶予があります。

建造物損壊罪は他人の建造物を損壊した場合に対する刑事罰ですので、今回のケースでは貴殿所有の建物を直接損壊したとは思われませんので、建造物損壊には当てはまらないと考えます。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問