JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 956
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

中古住宅を現状販売という形で購入しました。仲介業者より「設備機器は間違いなく動いています。操作方法が難しいので、引越

質問者の質問

中古住宅を現状販売という形で購入しました。仲介業者より「設備機器は間違いなく動いています。操作方法が難しいので、引越し時に説明に業者がきます。」と言われていました。引越し当日、説明に来た業者が操作すると 機器が動かない事が判明しました。仲介業者は、機械の経年劣化や、雷の恐れがあると、言っていましたが、納得いかず、リフォーム業者に機器が動かないから、仲介業者に連絡しましたと、言われた事を思い出して、引渡し前のリフォーム中に[リフォーム業者から機器が動作しないので、メーカーに確認させて下さいと、連絡ありましたよね?」と聞くと、仲介業者は「前回動いたから大丈夫と、他の業者に言われ点検させなかった。」と言いました。こういった場合の修理費用は、こちらが払わなければならないのでしょうか?仲介業者の責任ではないのでしょうか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
現状販売とはいえ、「設備機器は間違いなく動いています。」という前提で購入されたのであれば、それも契約内容に含まれますから、修理代の全額を請求できると考えられます。但し、修理代が同等中古品の時価を超える場合には、そこが限度になる可能性があります。

但し、今回の場合、契約書上は現状販売の記載があるものと思いますが、もし相手方がこれを主張し、「設備機器は間違いなく動いています。」という発言を否定されてしまうと、このような約束があったことを、こちらが証明をしなければならなくなります。

つまり、「設備機器は間違いなく動いています。」という発言を前提で購入されているので、理屈の上では全額請求できますが、争いとなった場合に相手が発言を否定すると、こちらには証拠がないと思われますので、証明できず請求が認められないいうことが考えられます。


ご参考になりましたら幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
仲介業者の言った、発言が切り札になるかどうかを詳しく聞きたい。
機器が動かないと連絡を受けたのに、調べる事もなく、他業者に大丈夫だろうと言われ、何もしなかった。という事。
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
発言を証明できるのであれば、(あるいは相手方が否定しなければ)責任追及の切り札になります。ただ、証明できなければ、それは紛争解決の交渉の中ではなかったのと同じことになります。

※証明できる又は相手方が否定しない場合
中古品の時価を上限に修理代の負担を求めることができます。また、設備機器の修理のために、自宅の使用が大幅に制限されるようであれば、それらについての補償を求めることも可能でしょう。

※相手方が否定し、こちらが証明できない場合
この場合、当該発言はなかったことと同じになりますので、単なる現状渡しの契約ということになります。
もし、仲介業者が、契約前に気づいていたのであれば、その際に判明している不具合を告げないのは、ご質問者様が契約をするかどうかという意思決定に関わる重大事項ですので、問題がありますが、今回の場合契約成立後に判明しています。
現状渡しですでに契約が成立している以上、機器が動いても動かなくても関係有りません。従って、「機器が動かないと連絡を受けたのに、調べる事もなく、他業者に大丈夫だろうと言われ、何もし なかった。という事。」については、そもそも何もする義務はなかったので、この点については特に問題はなありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

機器は動いています。という仲介業者の発言は、契約を済ます前の事です。

当初は、8月に点検したと言っていましたが、機器が動作しない事がわかった時に、6月の間違いでしたといいました。

引越し時に、説明に来た業者も「8月の暑い日だったから、暑くて大変だった。」と言いました。この時点で、怪しいと思っていたのですが・・・。

仲介業者と説明に来た業者も二人して、月を間違うなんて。

こちら側としては、動かない物を確認もしないで動いているから問題ないという事について、虚偽の説明になるのではないか?と思っております。

仲介業者の上司・担当者との話合いの中で、上司の方は「当初の話しだけでは、契約書上の話をするつもりでしたが、今の話し(動かない事を聞いて、何もしなかった事)そういう訳にはいかないと判断しましたので、全額とは言いませんが、負担はします。」と言いました。

こちら側としては、確認もしないで、6月に問題なく動いているから、問題ないと言った事、に関しての責任を取ってもらいたいのです。それが、機器の修理費を負担させる事になるかどうかは、現時点ではわかりません。

話合いの論議は記載しています。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問