JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

office-oneに今すぐ質問する

office-one
office-one, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 21
経験:  宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
60334013
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
office-oneがオンラインで質問受付中

高齢の父の家の建て替えをサポートしょうと思っています。 父名義の家を建てるのですが、父が20年位前に土地を兄の名義

解決済みの質問:

高齢の父の家の建て替えをサポートしょうと思っています。
父名義の家を建てるのですが、父が20年位前に土地を兄の名義に書き替えたそうです。
ちなみに、兄は同居する意思がなく建て替えにも積極的ではありません。
私は、父母の介護の為に同居も考えています。
建て替えに際し土地と建物の名義が違うことが問題にならないかが心配なのでお教え戴きたいです。
宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  office-one 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

土地と建物の所有者が違うことはよくあることです。

今回の建て替えが自己資金で建てるか、住宅融資を受けて建てるかによって違いがあります。

まず自己資金の場合は、建てるに際して、お兄さんに承諾をしてもらうことが必要です。

また、融資を受ける場合も、お兄さんの承諾による無償借地等の署名が必要です。

それと共に、土地及び建物には、抵当権が設定されます。

要するに、金融機関の担保に土地も入ってしまいますので慎重にお兄さんとの話し合いをしなければなりません。

お兄さんが、将来土地を売却することも考えられすが、現金で建物を建てるのであれば売却は簡単ですが、抵当権等が設定されていれば、抵当権を解除しなければ処分できません。

そのようなことを、心配しているのではないでしょうか。

それと、建物の所有者をだれにするかの話し合いも必要です。お父さんが高齢である為、

将来建物の相続に関する事項も発生すると思いますので、事前に相談しておくのもよいかと考えます。

したがって、その点をご家族で、将来を含めてよく話し合い、建設に際して事前に、相続の問題等のトラブルにならないよう円満に解決することが望まれます。

詳しくは、司法書士や弁護士等に相談されるのも選択肢の一つだと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

 素人考えでは、土地も建物も父の資金によるものなので、相続の時にも父が所有の方が正しく出来るのではと思っていますが、どうでしょうか。

 父は、将来兄と同居できるとの思いで名義を変えていたので失敗したといっています。もし名義を元に戻そうとした場合、手続きは大変でしょうか?

 ちなみに、私は夫と建てた家があるので不動産を所有したいわけではありませんが、父母と兄夫婦の関係から、相続となった場合にも心情的には渡したくありません。

専門家:  office-one 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

土地及び家屋共お父さん単独の所有名義のほうが手続きが簡単だと思います。

お兄さんが名義変更に問題なければ移転登記されたほうがいいと思います。

また、所有権移転登記は、ご自分でも申請が可能ですが、手戻りがなく手続きを進めるには、どなたか司法書士に依頼されるのが安全かと考えます。費用が多少かかりますので申請前に、司法書士に移転登記の費用の見積もりを依頼されたらいいと思います。

また、ご自分たちで申請する場合は、お近くの法務局の登記手続き窓口で、教えてくれますので、一度お聞きしてみてください。

それと、相続になった場合は、ご家族(親子関係)の法定相続人が、法定相続分を取得分にしたがって相続したものを計算しますが、控除額や税金計算等があり、結構相続計算は、大変ですので

司法書士等専門の方にご相談されたほうが賢明だと思います。

office-one, 宅地建物取引主任者
満足したユーザー: 21
経験: 宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
office-oneをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/OF/officeone/2011-10-31_104514_005.64x64.JPG office-one さんのアバター

    office-one

    宅地建物取引主任者

    満足した利用者:

    11
    宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    1
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    68
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    58
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png dueprocess さんのアバター

    dueprocess

    特定行政書士

    満足した利用者:

    35
    中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    27
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問