JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
office-oneに今すぐ質問する
office-one
office-one, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 21
経験:  宅地建物取引業者で専任の宅地建物取引主任者です。
60334013
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
office-oneがオンラインで質問受付中

ちょうど一年前に土地を契約し登記は済んでいます。 いざ建築しようとした段階で条件付の土地であることが判明しました。

質問者の質問

ちょうど一年前に土地を契約し登記は済んでいます。
いざ建築しようとした段階で条件付の土地であることが判明しました。
重要説明事項には一切記載ありませんでしたが最後の添付資料?見たいなもの少し記載がありました。契約を白紙に戻すことは可能ですか?また、その際の損害賠償的なものはありますか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  office-one 返答済み 6 年 前.

宅建業者のオフィス・ワンの谷口です。

一般的に、建築条件の土地を購入する場合、媒介業者または建築業者は、購入後には、指定建築業者と契約し、建築しなければならない。万が一契約に至らない場合は、契約を解除し、預かった契約金は返還し、白紙に戻す等の条件がありますが、それを説明することが、重要事項説明の法的義務です。

 

したがって、業者と契約するときに、その説明を受けたのか確認してください。

その説明が、曖昧であれば、宅建業法違反の疑いがあります。

また、建築条件の条項についても確認してください。

 

状況によっては、契約を解除することができるかもしれません。

また、全国の宅地建物取引業協会には、相談窓口がありますので、問い合わせをすることも方法です。

質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:回答が遅すぎた.
回答が遅すぎたため、何の役にもたたなかったため返金希望

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問