JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

前回の質問の引続きですが、(引続きの質問だけで大丈夫でしょうか?) ジャストアンサーさんから頂いたアドバイスのよ

質問者の質問

前回の質問の引続きですが、(引続きの質問だけで大丈夫でしょうか?)
ジャストアンサーさんから頂いたアドバイスのように、ハウスメーカーの方に、手付金の返還を求め、違約金も支払わないことを伝えましたが、受け入れてもらえません。明日、話し合いをしましょう。と言われています。話し合いと言っていますが、私たちが違約金を払う形になって終わりそうで、不安です。片道5時間かけて行った上にこちらの話など聞いてもらえなかったら・・・どうしたらいいのか悩んでいます。どうか、よいアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

違約金は払わなければよいだけだと既に申し上げました。
お金を持っていかないで,振込もしなければ,払わないで済むことですよ。
なので,あなた方が違約金を払う形になって終わりということはないでしょう(というか,ご自分で防げます)。

手付金の返還は一筋縄ではいかな いことも既に申し上げたかと思います。
これに関しては,後日,弁護士に依頼して回収して下さい。

ということで,あなた方が片道5時間かけて行こうが,相手が手付金を返してくることは100%ありませんし,
こちらは違約金を払うつもりは100%ないのですから,
明日はそんなところに行く必要がありません。
手付けを持ってくれば,違約金については考えてやってもよい,くらい言っておけばよいのでは。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

そうですね。違約金等、自分が払わなければ済むことですね。

 

 

ハウスメーカーに

話し合いが必要だ。と言われていますが、

それを弁護士に依頼すればいいのでしょうか?

土地の売主は個人なので、その相手のために、話し合いなしでこのままと言うわけにはいかない。と言われています。

 

 

 

弁護士に依頼するにあたり、

弁護士の見解も人それぞれなんですね?

何人かの弁護士にも聞いてみましたが、

この場合、手付金の放棄にするしか無理という人が多いです。

手付金の返還は可能という考えの弁護士を見つけないといけないのでしょうか?

 

弁護士の見つけ方も分かりません。

 

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
手付は,解約手付として支払うのがふつうで,不動産取引で差し入れる手付は,解約手付です。
解約手付を差し入れていると,相手に債務不履行などの解除事由が発生しなくとも,
自分が手付を放棄しさえすれば,契約をなかったことにできる制度です。

本件の場合,あなたがキャンセルした理由 というのは,
契約時には分からなかった放射能の危険性が判明したからでしょう?
だとすれば,このキャンセルは,解約手付放棄による解除ではなく,
錯誤無効ないし,瑕疵担保責任追及としての解除ですよね。
このように,手付解除ではない以上は,手付分は返還してもらべきなのではないか,というのが私の見解です。

本件を手付放棄による解除だとすることの不都合性として,手付解除のためには,
「履行に著手(着手と同じ。読みも)するまで」という時間的制限があるところ,
売主は更地化のための工事を開始しており,また,あなたもローン審査を完了したわけですよね。
ですから,履行に著手あったと認められるので,もはや手付解除はできないはずだからです。

弁護士でこのことを分からない人はいないと思います。これを踏まえてお訊きになってみて下さい。
あと,弁護士の見つけ方というものはないのですよ。
自分に合う弁護士に会うまで,探すしかないと思います。弁護士が弁護士を紹介してくれることもあると思いますよ。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
補足です。

> ハウスメーカーに
> 話し合いが必要だ。と言われていますが、
> それを弁護士に依頼すればいいのでしょうか?
> 土地の売主は個人なので、その相手のために、話し合いなしでこのままと言うわけにはいかない。と言われています。

話し合いというのは,何についての話し合いなのか,お訊きになりましたか?
売主が個人なのは良いとして,「個人なので」というのは話し合いが必要な理由になりますか?
また,個人の売主の話し合いの必要性について,どうしてハウスメーカーが述べる立場にあるのでしょう?
売主にとって話し合いが必要なのであれ ば,売主が連絡してきて,あなたと売主だけで話し合えば良いと思いますよ。というか,話し合うべきは,掛かった費用の分担の問題と手付の返還だけだと思いますけど。
手付金の返還に関しては,あなたはその売主に求めなければなりません(が,別に話し合わなくても,あとで訴訟によって回収すればよいわけですが)。

ハウスメーカーには,解約の意思を表示してあって,そのこと自体は了承されているわけですから(違約金を請求されたということは,解約には応じたという意味でしょう),違約金を払うつもりのないあなたとしては,もうハウスメーカーと話し合うことはないと思うんですね。
ハウスメーカーが,売主のことを持ち出してくるのは,なんとしてでも違約金を払わせるために話し合いに応じさせようとしてであること明白でしょう。

ただし,
もちろん,ハウスメーカーや売主に迷惑のかからない方法は,契約どおり家を買うか(後に転売する),
彼らの求めに応じて,違約金や工事代金を払い,手付も諦めることだろうと思います。
そうすればややこしい議論をしなくても良いですし,弁護士を探して渡り歩いたり,話を分かってもらったりしようとして苦労することもなく,穏やかに過ごせると思います。ご自分で買うと決めた家なのですし,それも震災とメルトダウンの後だったのでしょうから,放射能の心配はもともとあったわけですしね。
もう一度ご検討された方が良いかも知れませんね。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問