JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

近々、新築購入を予定しています。夫婦共働き、2,800万円の借入で住宅ローンを組む場合のメリットとデメリット、注意点などを教えてください。夫

解決済みの質問:

近々、新築購入を予定しています。
夫婦共働き、2,800万円の借入で住宅ローンを組む場合のメリットとデメリット、注意点などを教えてください。
夫婦そろって無知ですので、専門用語など初心者にもわかりやすくお答えいただけると助かります。

【夫】   29歳
       工場勤務
       生産量により月収(手取り)16~27万円
       ボーナス(手取り) 26万円を年2回
       22年度年収378万円  所 得税 約9万円
       23年度は数万円減る可能性あり
       貯金 約180万円
       現在ローンなし
       インターネットで買い物したものをクレジットカードで支払うことが多く、リボ払いなども数回利用してい       た。キャッシングや残高不足などはないですが、カードは解約したほうがよいでしょうか?
       
  
【妻】   28歳
       小学校教諭
       月収(手取り) 20万円
       ボーナス(手取り) 40万円を年2回
       22年度年収450万円  所得税 約11万円
       貯金 約280万円

       私(妻)は来年4月ごろから出産(6月ごろ)のため、産前産後休暇➝育児休暇1年間➝復職の予         定。(将来的には仕事は続けるつもりです。)
       その間の収入(推測ですが・・・)月に手取りで14万円程度となるため、主人の月収によっては、生活       に少しの不安もあります。現在、家計を一から見直しています。


       契約予定の不動産会社には、社内にローンセンターがあり、資金計画アドバイザーの方が直接銀行       と利率の交渉などをしてくれるようです。

       現時点で提案された内容は、 ①夫単独では2800万の借入は難しいかもしれない。
                         ②私は近い将来1~2年は出産予定のため収入が減るので、
                          土地・建物の持ち分を2分の1や現在の年収比率にはせず、
                          夫2/3(約1900万 円借入:金利1.2%で月々57000円払い)、
                          私1/3(約900万円借入:金利1.2%で月々27000払い)
                          くらいの比率にしておいてはどうか。
                         ③変動比率35年ローンで10年間税金控除を受け、10年後にできれ                          ば繰り上げ返済をする。

以上、補足等必要であればご返信をお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。
専門家:  pote888 返答済み 6 年 前.

返済比率を見ますと、月払い返済のみのようですでので、住宅ローンの手取り収入に対する割合は23%位のようです。堅実な支払い計画と思います。

住まいは、賃貸にしろ持家にしろ必要なものですから、将来、高齢になった時に住宅ローンも終わり、住まいの為の支払い負担がなくなりますから購入しておく方が安心です。

今は、金利が低いので、できれば長期固定金利の住宅ローンをお勧め致します。

経済・金融情勢は今後、激しい変動が予想されますので、月々の支払い額が変動しない固定金利の方が安心かと思います。

pote888をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問