JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

はじめまして。 土地・建物の違約金についてご相談です。 ハウスメーカーに土地を探してもらい、ある程度条件

解決済みの質問:

はじめまして。

土地・建物の違約金についてご相談です。

ハウスメーカーに土地を探してもらい、ある程度条件はクリアしていたので、土地の手付金100万を払って7月17日に契約しました。同時にハウスメーカーとも 100万払って契約をし、プランの打ち合わせ等をしていました。ローン審査は通り、9月28日からローンの手続きとなっています。
土地の引き渡しは9月29日で残金全額を支払い予定です。

順調のはずでしたが、先週、契約した土地(三郷市)が放射線量が高いことが判りました。
子供の通院のために県外からこの土地を選びましたが、これでは意味がないと思い、残念でしたが、ハウスメーカーの営業の方にキャンセルしたいと相談しました。営業の方はうちの事情を知っていたので、気持ちを判ってくださり、会社に話をしてくれたようですが、違約金として更に150万ほど請求されました。

放射能さえなければ・・・!と思ってしまうのですが。
払わなければいけないのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

放射能を理由にキャンセルする場合には,手付の放棄も必要ないはずですし,
違約金などとんでもないでしょう。

合計200万円の手付は最終的には訴訟をしてでも取り返すとして,
まだ支払っていないものは今後一切支払わないようにして下さい。
一度他人に渡ったも のを取り戻すのはものすごくたいへんですので。

住んでいる人がいるからというのは,放射能汚染の土地をむりやり買わせられる理由にはならないと思いますよ。
内部被曝で,将来,家族の身体に癌が発生しても,誰も責任をとってくれないわけですから。というか,
その売主,仲介,ハウスメーカーは,間違いなく責任をとるはずがないし,実際問題責任など取れませんよね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。

 

未経験のため、お聞きするのですが、

手付金の返金を請求し、「違約金は払いません。」と言って払わないでいればいいのでしょうか?

 

細かいことをお聞きするのですが、契約時の収入印紙代等も請求できるのでしょうか?

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
はい。

「キャンセルしますから、支払った手付金は原状回復として返還して下さい。また、違約はないため、違約金はお支払いできません。悪しからず御了承願います」

で良いと思いますよ。

違約金については、これでokです。どんなに「法律上~…」と言われようとも、
絶対に支払わないで下さい。「法律というのであれば裁判で主張なさって下さい。うちは、手付金の返還を求めて反訴を提起しますから」と言うべきです 。
(それで実際に裁判になったら、お近くの弁護士に依頼して下さい(この場合の出費は仕方ないと
思って下さいね。200万円の回収コストとして50万円くらいは予めご覚悟下さいませ)。


印紙代、そうですね。契約を無効ないし取消してなかったことにするので、
契約書に貼付する印紙は結局使いませんから、返還を求めることができます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご丁寧にご回答ありがとうございます。

 

 

もう少しお聞かせ下さい。

土地に古家があったので、更地にしてから引渡しを契約条件に契約しました。

ハウスメーカーの営業の人に、キャンセルしたいと言ったときに、売主がもうすでに更地にする工事を始めているので・・・と言われました。キャンセルするとなるとその費用はこちらが負担をしなければならないのでしょうか?

 

また、仲介手数料支払約定書に

 「売買契約が私および相手方の都合(ローン特約による解除、引き渡し前の売主・買主いずれかの責に帰すべからざる事由による売買不動産の滅失・毀損による解除を除く)によって解除されても貴社に上記手数料全額を売買契約が解除された時点で支払います。」

とありますが、この場合も支払わなくてよくなるのでしょうか?

 

ご回答よろしくお願います。

 

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
それは難しいご質問なんですが,
キャンセルして白紙に戻すようにするから,すでに払った手付金なども返してもらうわけです。
そうすると,反対の当事者であるあなたも,相手にとって契約がなかった時と同じ状態にするためのことをしなければならないことになります。
本件の場合は相手が契約後に工事を始め てしまい,その出費の分,契約がなかった時より経済状態にマイナスが生じています。
よって,その分はあなたが負担しなければならないこととなります。

仲介手数料について。
その条項を形式的に適用すれば,仲介手数料を支払わねばならないことになりますが,
放射能汚染が発覚したため,結局,契約に至らなかった場合と実質的に同じわけで,
そのように,制約しなかった場合にまで手数料を払わせるのは不当です。いくら契約書に書かれていても。
つまり仲介手数料というのは,買主が探している希望の物件を手にし,売主が所有不動産を売却して売却代金を手にする
ということによって,満足するから, その満足の実現に協力してくれた業者に報酬を支払うわけです。
なので,当初目的とした満足が得られていない本件で,手数料を払う必要がないと思います。
bengoshimailmeをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問