JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

2

質問者の質問

四年前に一軒家を建売で購入しました。高台にある家なのですが後ろは約2メートルの用壁が建っています。三軒横並びに家は建っていてうちは真ん中です。用壁も個人の持ち物として売買契約の時に権利は移っています。その用壁の水路から大雨のたびに水が一軒の家に流れ込むとゆうことで、住宅会社がブロックを水路沿いに立てて水の流れをせき止めたところ真ん中の我が家にその水が流れ込むようになりました。
去年、一昨年と二回床下浸水しています。(ブロッ クを立てた家は一度も床下浸水などなし。)
明らかにブロックを立てたことに対しての被害に対して住宅会社はこちらにはブロックは建てれない(お金を出したくない)といいます。
うちがブロックを立てて反対側の一軒に水が流れ込む事を考えると恐ろしいので三軒すべてにブロックを立てて欲しいのですが、端の一軒は立てたもののこちらの要望は飲みません。
少しの雨でも怖く高台なのに水没と、とても安心して住めないのですがどう言えばこちらの要望が伝わるでしょうか?
(一級建築士に用壁のブロックをみてもらったところ真ん中の我が家に水があつまるのは当然といわれました。ブロックのために水害は明らかです。)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

他人にむりやり言うことを聞かせるというのは、難しいことです。
法的義務があったとしても、それを履行しない人はざらにいます(なので裁判所は満員なのです)。
ですから、本件の問題で、両隣の人その他に協力を仰ぐのは難しいですが、一応考えを述べますね。

基本的には、最初の一軒の要望に応えてブロックを設置した住宅会社の設置方法に問題があるのは明らかですね。
そこで、あなたとしては、昨年、一昨年床下浸水した際の被害状況の写真等があったらそれを添え、
お金は掛かりますが、その一級建築士の方に、あなたの家への水の浸入はブロッックの設置の瑕疵によるものである旨の意見書を書いてもらって、
それらを添えて、住宅会社に、問題が生じないようなブロックの設置のし直しをするよう求めてください。
同時に、一軒目の家にも、同内容の要求をしてくださ い。

根拠は、民法717条です。
第717条
第一項 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
第二項 前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。
第三項 前二項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。

ちょっとストレートではないものの、隣家に対するものが第一項で、
住宅会社に対する要求は、第三項の代位行使、となります。つまり、隣家に対して請求はしますが、どうせなにもしないだろうことを見越して、隣家を代位して、住宅会社に請求するわけです。
(ただ、この条文操作は多少苦しいので、根拠を問われたら答える程度になさってください)

また、この建売の販売業者が3軒とも同じなのでしたら、この住宅の設計や仕様自体がおかしいわけですから、
改善のための工事をつよく要求して良いのではないでしょうか?

怖くて住めないというくらいなのですから、最悪の場合はご自分の出費で工事するか、引越すかですね。
たぶん裁判までやっても、お金が掛かるだけで、結果は保証できないので、自分で工事代金を払って、
あとでしつこく両隣にカンパを求めて、連日連夜訪問しまくった方が現実的だと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

乱雑文章に丁寧に答えていただきありがとうございます。

補足として住宅会社はすべて同じ会社です。

私としてはブロックの案を出して設置した(建築の知識がありながら)住宅会社の責任のみ

追求したいと思っています。ブロックを設置された隣家も被害者として三軒で住宅会社を問い詰めたいと思っています。意見は合意しています。

なんとか話し合いの場を設けたいのですがアフターサービスの一社員しかよこさず話し合いに応じる気はないようです。(上の者に話をとめている?)

どう言えば話し合いに応じるでしょうか?

 

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
我々3軒は,工事のやり直し又は工事費用の支払を再三求めていますが,それに対して応じるような誠意ある姿勢が一向に見られませんので,貴社に対して法的手続に出る準備をしているところです。
しかしながら,結局は貴社が我々の求めに応じざるを得ない結論になるとしても,裁判となれば,
我々にとっても,貴社にとっても,余計な費用と時間が掛かり,無駄であること明白です。またそれにより肝心の補修工事が遅れることになった結果,降雨による水害が起こってしまうとすれば,本末転倒です。
それゆえ,本書面到着より二週間以内に,補修工事についての具体案もしくは,(上記,あるいは別 記)工事費用相当額の支払いをするよう切にお願いします。

なお,我々3軒が貴社に対して行動を共にするのは本ご提案が最後であり,やむを得ず法的手続に出るとすれば,三者それぞれ時期をずらし,別々の請求として貴社を被告とする訴えを提起するつもりでおります。
すなわち,その場合の貴社は,3つのの訴訟に対応せざるを得なくなり,その訴訟対応にかかる貴社の費用だけで工事費用相当額を優に超えることが予想されます。それゆえ,我々が不本意ながら法的手続に出ざるを得なくなる前,すなわち上記期限までに,本ご提案に沿うご返答を賜りますようお願い申し上げます。

との内容で,その会社の思い付く限りの宛先に送ってみて下さい。関係ない事業部宛であっても,担当部署に回されますから大丈夫です。むしろ,関係ない部署にも届いた方が効果的でしょう。「部長様」「専務取締役殿」宛でもよいのではないでしょうか。
bengoshimailmeをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

数日前に家裏の用壁の雨水の事で質問させてもらった者です。

 

この用壁の上は膨大なキャベツ畑があり、2mほどの雑木林が用壁の上にある状態です。

順番から言うと家、用壁、雑木林、畑といった感じです。(わかりにくくてすいません。)

この畑と雑木林は農家の個人の持ち物です。ただ、畑の用水路は曖昧にしているようです。途中まで土で水の流れを作っていて途中からなくなり、畑の下(うちを含む三軒の用水路)に故意にかどうかはわかりませんが、流そうとしているようです。その水も用壁の水路に集まってくるので、とてもじゃないけど補えない状態です。

 

私達はこの裏の用水路の雨水量の計算自体間違っているのではないかと考えています。

そこで、この雨水計算を知る方法はありますか?

市に訴えたところ色んな部署をたらい回しにされただけで結局計算方法など知ることはできませんでした。

あげく、水は上から下に流れるため上からの水は仕方ない(そういった法律がある。)と市職員に言われました。本当でしょうか?

ブロックはもちろんつけてもらうつもりですが、水の出所もきちんと把握したいしたいです。

畑の用水路も農家個人に確保、設置してもらいたいのですが、理論的に動かざる終えなくなる状況が理想です。いい方法はありますか?

 

補足

1、用壁は住宅会社が建てて県が認可を出している。

2、売買契約完了までは市の持ち物で、完了と同時に個人売主に権利が以降している。

3、うちの並び三軒の用壁を境に畑の持ち主と市は違います。

4、用壁から溢れている水、家の周りに水が溜まって洪水になっている時の写真、ビデオはあ  

  ります。(去年分も)

5、畑からの水が流れている写真、ビデオはなし。目で確認はしている。

 

 以上のことを踏まえて宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

位置関係は,ご説明で理解できました。ありがとうございます。

・雨水の量の計算の仕方というのはあったと思います。県道の側溝の仕様が問題となった事件を見たことがあるので。
 ですが,たいへん申し訳ないの ですが,それを誰に聞けば分かるのか,正確には思い出せません。
 建築士の方ならご存じか,少なくとも誰に頼めばよいかくらいはおわかりになると思いますよ。

・建築許可を出したのが県だとすると,市ではなくて,許可を出した県に相談されてはいかがでしょうか。

・水路,排水溝などについては,民法の「相隣関係」の問題となりますから,法律問題ではありますが,
 建築など技術的側面が強いので,建築士さんや土地家屋調査士さんにご相談になるのがよいと思います。
 その前に,無料で聞くことができる,県の建築課,土木課に相談に行かれると良いと思います。
 あまり相手にされない場合もあるかも知れませんが,1回2回で諦めず,何度も通い詰めて,問題の大きさを
 認識してもらうよう努めれば,相談に乗ってくれると思いますよ(そうせざるを得なくなるまで頑張るべきと思います)。
 洪水時の証拠,十分お持ちだと思います。

・同時に,相隣関係,すなわちお隣さん同士なのですから,住宅の両隣だけでなく,その畑の所有者とも,
 土地の境界を接し合う者同士,話し合って解決を目指されてはいかがでしょう。





不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問