JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

14

解決済みの質問:

私は東京に家族で住んでいます。
 先日、14年前父親から遺産相続した土地の草刈りに宮崎市帰ったところ、兄に
その土地に建っている鉄骨造りの作業小屋とコンクリート打設部分は自分に
地上権があると言われ、登記簿を見せてくれました。詳しく見せてはくれ
なかったので、地上権の設定された日付や広さ(区分や位置)も詳しく
確認することはできませんでした。
 ご相談は、地上権登記簿をとり、も う少し詳しくしてからと思って
いましたが、実家が宮崎市で直ぐに情報をとることもできませので、
集める必要のある資料を含めてのご相談です。

①地上権設定者の地上権の登記簿をとるのに必要な書類は何でしょうか?

 この土地が市街化地域ではあるのですが、4区画ある中の一区画だけは宅地、残りは
畑地で、固定資産税を年間12万円、草刈りに3回草刈り帰り費用15万円等を考えると、
少々安くても売りたいと考えていました。しかし、上記の地上権で
問題が発生しました。ここまでお話をすれば、兄弟の中がうまくいっていないことは
お分かりかと存じます。

②現在、地上権の使用料については、つい9月10日にその存在を兄から知らされた
ばかりですので、もちろんもらってもいませんし、もらえるかどうかもわかりません。
せめて、使用料をもらいたいと考えていますが、可能でしょうか?
 
 遺産相続に関しては地上権に関しては、一言も触れられていません。
 既に作業小屋を設置したときに(宅地となっているので)、地上権が
 設定され、その使用権が兄になっていたのかもしれません。

以上、よろしくお願いします。できれば9月の終わり頃に帰省し、
地上権の登記簿の書類を取りたいと考えています。


以上、よろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  dresquire 返答済み 6 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

登記簿情報を取得するのに,特に法務局に行かな くても,インターネットで情報を取れます。支払は1件1000円程度,カード払いです。
登記情報提供サービス(平日8:30~21:00,「一時利用」という利用方式を選択すると良いでしょう)
http://www1.touki.or.jp/

また,上記がうまくいかない場合がありますが,その場合,代行会社があります。
http://www.toukibo.net/

ということで,登記がどうなっているかは,平日になればすぐにおわかりになると思いますよ。宮崎まで行かれる必要はありません。
登記簿を取り寄せるのに必要な書類はありません。
とるべき書類についてですが,地上権の登記簿というのはなく,問題となっている土地の登記簿にすべて書かれています(全部事項)。
注意すべきは,ご存じと思いますが,郵便の住所の表示(住居表示)とは違う場合がある,「地番」で,登記簿を取得すべき不動産を特定するということです。地番をご存じない場合,住居表示と地番の対応表がある場合があるので,それで調べます(ネットで)。

地上権の地代(使用料)について,
地上権がどのような経緯・内容で設定されたかによります。
登記まであるということは,所有権者が地上権者と一緒に登記をしたということですから,あなたが地上権の設定をしたわけでないとすれば,お父様の代あるいはそれ以前に地上権設定契約が締結されていた可能性が高いです。
その地上権の内容として,地代についての特約があってそれが登記されていれば(地代の定めがあっても,登記されない場合もあります),登記簿にそれが書かれていますので,金額も分かりますね。
金額が分かる場合には,時効消滅していない過去10年分まで遡って地代を請求できると思います。

質問者: 返答済み 6 年 前.
ということは、もし、地代特約がない場合には、地代請求はできないのでしょうか? その場合、土地所有者の利益はどんな方法で守られるのでしょうか?
専門家:  dresquire 返答済み 6 年 前.
地代特約がない場合には,地代は請求できないんです。
(事実上,当事者でなんらかの使用料的なものを支払う合意をすることはできますので,交渉の余地はあると思いますが)

土地所有者の利益は,そういう意味では守られていないですね。
しかし,お兄様がその土地を使える権利を,地上権という権利にしたのには,設定者だっただろうお父様の意図が あるように思います。
地上権では,地上権の目的に定めた使い方しかできないようになっていますから,
住もうが,耕作しようが,どう使おうが,あるいは誰に売ろうが問わない,所有権という完全な権利とは異なります。とすると,お父様は,
どうせ,あなたの代ではその土地を実際に使うことはないだろう,と考えられたのではないでしょうか。


一方,地上権は,上記のとおり,目的に定めた使い方のみできる権利であって,土地の全体を支配できる権利ではないですから,
地上権により制限されていない部分については,家屋を建てるとか,畑にするとか,駐車場にするとか,その他別の使い方ができます。それが所有者の利益だろうと思いますよ。
dresquireをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問