JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

小生は不動産業ですが有る土地を建売不動産ん業者に売却しましたが今回のゲリラ豪雨で若干の浸水があったそうで購入業者より

解決済みの質問:

小生は不動産業ですが有る土地を建 売不動産ん業者に売却しましたが今回のゲリラ豪雨で若干の浸水があったそうで購入業者より買戻しまたは損害賠償の話が出てきましたがこの場合、買戻しや損害賠償をしなければいけないのでしょうか?購入者も業者で有り知識や経験も有り一般の顧客(消費者)と違うのと詳細も説明してあります。
尚、素人考えでゲリラ豪雨は売主、買主も判らず天災事変の一時的な突発事故の様に思いますが・・・
参考にご教授ねがえればとメールを致しました。
特約記載事項
*解体後地盤の高さは売主指定にするものとする。
*犬山市jのハザードマップで大勝不動産の地域については浸水情報の対象外区域で以前の東海大豪雨時に浸水  地域になっていません。(ハザードマップも契約時に説明提供済)
*買主は不動産建売業者である点と重要事項をありのまま誠実に記載し補足資料を参考にするか各監督諸官庁の  担当者に直接相談下さい。

                                      愛知県丹羽郡扶桑町高雄郷東7
                                              ㈱岡本静子不動産
                                       0587-92-3630
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

おっしゃるとおり, 相手方は業者さんですから, 
一般の消費者と同様の保護を法律上受ける立場にはありません。

そして, 天災による滅失や一部滅失(今回のような価値の一部喪失も)は, 
おっしゃるように, 売主・買主どちらの責任で発生 したものではないので, 
特定の土地という特定物について, 上記のような事故が発生した場合, 
民法的には, 「危険負担の債権者主義」といって, 買主がそれをかぶらなければなりません。
つまり, あなたの側は, 解除(に基づく原状回復)・損害賠償の責任を負いません。

なお, 
その豪雨が, 売却前に起こったことによって, 売却前(売買契約前)に浸水が起こった
という場合は, 
売主の瑕疵担保責任の問題となり, あなたの側が損害賠償責任を負うことになります。
しかしながら, 売却後にも雨が降ったりしていれば, 
どの雨で浸水したかの証明ができないでしょうから, あなたが責任を負う場合というのは
実際は少ないと思いますよ。そうだといいですね。
bengoshimailmeをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問