JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 英語
満足したユーザー: 4173
経験:  医師在米20年アメリカの医学部卒業
61793059
ここに 英語 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 アメリカに本社を置く企業に勤める夫が、日本から居なくなり、2年以上たちます。夫の居所、

質問者の質問

よろしくお願いします。

アメリカに本社を置く企業に勤める夫が、日本から居なくなり、2年以上たちます。夫の居所、収入等おしえて欲しいと、以前書簡 を出しましたが、プライバシーを理由に断られました。そこに勤めているのは間違いないのですが、こちらは、住宅ローンも滞納され、収入もほとんど途絶え、未成年三人を抱え苦しい生活です。もちろん会社側は、このことを知っています。時折ネットで、会社のホームページ等から、夫は責任ある立場にあり、以前の収入から察するにかなり裕福な生活をしていることは、容易に推察されます。お聞きしたいのは、会社の対応は、共同親権妨害に値しませんか?ということです。米国内の常識、判例等おしえていただけませんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 英語
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.

行政書士のkasoliciterと申します。どうぞよろしくお願いします。

ご主人が日本国内にいるか、外国にいるかどうか手掛かりがありませんので、何とも難しいところですが、どこにいるのかという裏付けを取るようにした方がいいと思われます。

しかし、会社ぐるみでご主人の居所を知らせないと言うのは、どうにも不可思議なことですので、そういった専門機関に相談して、対処してもらった方がいいと思われます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

kasoliciter様

ご回答ありがとうございます。

日本支社にいる元部下からは中国支社に居ると2年ほど前に聞きましたが、しばらくして、その方は電話にも出なくなりました。夫からの圧力かと思われます。

夫の上司(アメリカ人)は、夫の不貞相手とも面識があり、明らかに会社ぐるみで庇っています。

 

専門機関とは、弁護士でしょうか?

アメリカの弁護士を見つけるのも、雇うのも経済的に大変な事で、日本の何人かの弁護士は、逃げられたらどうしようもないとの方ばかりです。

当方と致しましては、アメリカで、このような事例はないか、企業の倫理観とはどうなのか、知りたいです。アメリカで本社相手に訴訟も起こせる、という事が夫の耳に入れば、夫も出て来ざるを得ないと思うのです。

よろしくお願いいたします。

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

大変お困りのようですね。
私は、米国に長い医師ですが、アメリカの慣習的なことであればだいたいお答えができます。

アメリカの企業に関しましては、個人の情報はたとえ家族であっても許可なしには洩らさないというところが多いです。
ですから、残念ですが規則がそうであればその個人に関する個人情報を得ることは不可能だと思われます。

こういう日米をはさんだ問題は、国際弁護士に取り扱ってもらう方がいいと思います。
例えば、ここですが、他にも探せばあると思いますので、この手の弁護士から、ご主人に会社の住所で手紙を書いてもらってください。

http://minatokokusai.jp/
docmmart, 医師
カテゴリ: 英語
満足したユーザー: 4173
経験: 医師在米20年アメリカの医学部卒業
docmmartをはじめその他名の英語カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

docmmart 様

ご回答ありがとうございます。

国際弁護士さんを探すことにします。

 

今後のご活躍お祈りしています。

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お役に立ててうれしいです。大都市にはけっこうたくさん国際弁護士がおられます。お値段ははるかもしれませんが、相談や、手紙を書いてもらうだけなればそんなにかからないと思いますよ。頑張って下さいね。

英語 についての関連する質問