JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1144
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

初めてまして。巷でITブラック企業が問題になっていますが、息子もそれ以上です。毎日あさ7時40分に出勤帰宅は夜12時過ぎ

ユーザー評価:

初めてまして。巷でITブラック企業が問題になっていますが、息子もそれ以上です。毎日あさ7時40分に出勤帰宅は夜12時過ぎ 終電に間に合わないこともあります。ところがこの暮になってに28日難しいプログラム作成を命じられ今会社です。いつ帰れるかわからない。前任者は長期病欠の末移動となりました。病気にならない人は、救われないのでしょうか。助けてください。

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

会社が36協定を労働基準監督署に届出をしているのかどうか、仮に届出をしていたとしても36協定の内容に違反していないかどうか、残業代を支払っているのかどうか、深夜割増賃金を支払っているのかどうか、安全衛生法に定められていることを守っているのかどうかなど、ご記載の長時間労働があるのであれば、なんらかの労働基準法違反や安全衛生法違反があると思います。なので、会社を管轄する労働基準監督署へ行き、会社の実態を相談して違反があるのであれば労働基準法違反や安全衛生法違反を申告することができます。労働基準監督署は労働基準法や労働安全衛生法などの違反を改善指導するのが業務の一つです。
労働基準監督署の労働基準監督官には会社や工場などを臨検・資料の提出を求める権限や、特別司法警察職員としての権限があります。

労働基準監督署の調査の方法はいくつかあるのですが、そのうち「定期監督」というのがあります。この定期監督は労働者から申告があったことを明かさずに(つまり匿名で)あくまでも「定期的な調査」という形をとってくれます。ただし時間がかかるのがデメリットとしてあります。定期監督ではない方法もとることはできます。つまり、労働者が名を明かして労働基準監督署に申告してそのまま会社に調査が入る方法です。基本的にはこちらの方法となります。定期監督は名前を明かしたくない場合の非常手段的な方法となります。

会社は労働基準監督署へ申告をしたことを理由として解雇その他不利益な取扱をしてはいけません。これも労働基準法で定められていることです。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12362;返事有難うございます お正月の諸般の用事で、お返事遅くなり申し訳ありません
まず、教えていただきたいのは(あなたとのやり取りには免責事項が適用されます)とはどういう意味ですか?

>まず、教えていただきたいのは(あなたとのやり取りには免責事項が適用されます)とはどういう意味ですか?

→ 「あなたとのやり取りには免責事項が適用されます」が全文なのか、前後に他に何らかの記載があるのか、専門家は存じないのですが、恐らく、相談は本来、対面でしっかりと内容を聞いた上で回答するものなので、ジャストアンサーは回答に責任を負わないというものだと思われます。今回に限らず、すべての場合に免責事項の記載があると思います。

なお、私は電話での相談に対応しておりませんのでご了承ください。引き続きよろしければ本チャット形式で回答させて頂きます。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問