JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1121
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

初めまして。私は車部品の製造をしてますが現在有給休暇を月に一回必ず消化するようにと上司が現場まで出向き強要され困惑してま

解決済みの質問:

初めまして。私は車部品の製造をしてますが現在有給休暇を月に一回必ず消化するようにと上司が現場まで出向き強要され困惑してます。行程システム状、結論からいうと自分なりに今は休めないと思ってます。交代制でもないので私が休むと設備が休転となります。一日休むと製造業なので遅れも生じる場合もあり遅れを取り戻そうとプライベート返上で残業をして作業してますけど労働法では会社側の意見は守らなければならないのでしょうか?間違いではないのでしょうか?アドバイスお願いします。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 月 前.

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

ご相談内容を拝見させて頂きました。

有給休暇は労働基準法39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものです。上司から取得を強要されるものではありません。仮に行程システム状、今は休めるとしても、強要されるものではありません。つまり、行程システム状、休める休めないに関係なく、強要されるものではありません。

有給休暇の計画的付与というのもありますが、それを導入するためには、有給休暇の計画的付与について就業規則による規定と労使協定の締結が必要です。そして、就業規則は周知が必要です。周知していなければ拘束されません。有給休暇の計画的付与であって周知がされていれば今回のご相談はないでしょうから、ご相談があったということは計画的付与ではないか、計画的付与のつもりだったとしても周知がされておらず拘束されません。なので、やはり有給休暇は請求する時季にとれ、強要されるものではありません。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
19978;司が何故、理由も述べずに従業員全員に有給休暇を強要するのが納得できず質問させて頂きました。
上司ともう一度話し合いの場を設けたいと思います。
質問に答えてもらいありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問