JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

昨年10月入社した社員に社員規定には通勤交通費は負担しないと定めてありますが、善意で負担しておりましたが、今年6月末で自

質問者の質問

昨年10月入社した社員に社員規定には通勤交通費は負担しないと定めてありますが、善意で負担しておりましたが、今年6月末で自己都合により退職しました。これまでは負担してきた通勤交通費の返還を求めることは可能でしょうか?
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
26989;務命令にも一切耳を貸さず、何度指導しても改善せず、営業として外回りしないので業績も不振でさらに協調性は全くない社員で本来なら解雇したいぐらいでした。
専門家:  kionawaka 返答済み 3 ヶ月 前.

就業規則・賃金規定に交通費の記載は必ずしも必要的記載事項ではありません。しかし、自己都合退職の場合に返還請求を行う、ということは、非違行為ないし不法行為に対する損害賠償請求の意味合いがあります。

不法行為に基づく損賠賠償請求権をもって債務者に対抗できない(民509条))というのげ原則です。しかし、この損害賠償請求権を自働債権として相殺ないし相殺契約することは可能です。

まとめると、通勤費として返還請求するのはNGですが、不法行為として別途損害賠償請求をすること自体は可能です。

雇用・労働 についての関連する質問