JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 896
経験:  dasdasd
84237273
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

私は西東京市役所で勤務する48歳男性です。平成28年10月14日に市役所の仲間と食事会に行く際に、脳出血で救急搬送されま

質問者の質問

私は西東京市役所で勤務する48歳男性です。平成28年10月14日に市役所の仲間と食事会に行く際に、脳出血で救急搬送されました。救急車を呼んでくれたのは、市役所の友人である既婚者の女性です。入院当初は右半身不随であったため、母と相談しお見舞いはお断りして、病状も伏せるよう所属長にお願いしました。
ところが、所属長から、その女性が所属する部長級女性職員に私の入院情報が漏れてしました。その部長級職員は自分に私の入院情報を話さなかった女性職員に対してハラスメトをするようになりました。
具体的には、その女性が私の愛人であると吹聴し、その女性が休暇を取ると私の所属長に私の出勤状況を確認する行為が始まりました。その女性が仕事中離席をすると、どこに行ったのか所在確認を同僚職員に行うこともしばしばありました。
そのことを同僚職員から聞いた女性は部長級女性職員が怖くなり、トイレに行ったり休暇を取ることさえできなくなりました。
また、その女性は本年4月に異動対象年次に満たない2年の短さで、西東京市会計課から都市整備部建築指導課という、何の知識もない建設部門へ異動しました。
相談を受けた私は、ハラスメトと名誉毀損にあたると考え、西東京市総務部長に告発しましたが、解決には至っていないのが現状です。
簡易訴訟の少額請求と、西東京市長に対して地方公務員法違反で当該行為の懲戒請求を行いたいと考えておりますが、有効な解決方法について、ご教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  bhsy202 返答済み 2 ヶ月 前.

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

誤記載の内容ですと,確かに,部長級職員の対応には問題があると思いますが,

裁判で争うとなると,有効な解決のためには,やはり,証拠,になります。

裁判は,裁判官に対して,こちらの言い分をどうやって分かってもらうか,ということが最大のポイントです。

相手は,完全に否定してくる,その前提で準備しておく必要があります。

そうなると,ハラスメントの証拠,というのが必要です。

ハラスメントを受けた女性が,ハラスメントの状況を話す,これは,メモなどをまとめて最終的には裁判所で尋問手続で話す,

ということになりますが,

その裏付けが必要です。

吹聴していた,ということに対しては,そのような話を聞いた,という職員の話を多く集める必要があります。

こちらが聴き取るだけではなく,書面化,が必要です。こういう話を聞いた,ということを書面にまとめ,署名押印してもらう必要があります。

同僚職員が所在確認をされているので,その職員に協力を仰ぐことになりますね。

この点,現在も市役所の職員であることから,協力が得られるのか,そこが問題でしょうか。

相手は上級職ですから,いらぬことをいわないように圧力をかけることは考えられますので,その前に,先手を打って証拠集めをする必要があります。

少しでも,こちらの話に合致するものが集まれば,少額訴訟という金銭問題よりも,人事,あるいはご指摘の懲戒関係のほうか効果があると思います。

雇用・労働 についての関連する質問