JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 418
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

副業というのは、どの会社に属していても、できるものなのでしょうか?会社から給与をもらっている場合、副業で得た収入は、自分

質問者の質問

副業というのは、どの会社に属していても、できるものなのでしょうか?会社から給与をもらっている場合、副業で得た収入は、自分で確定申告するだけで、問題はないのでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 11 ヶ月 前.

この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。

只今文面内容拝見させて頂きました。

会社従業員の副業については、直接法律では規制されてはおりません。

しかしながら、多くの会社では就業規則上で副業を原則禁止する旨が定められています。そうであれば、副業を行うことは規則違反となりますので出来ません。

副業を禁止する理由としましては、

・他社への情報漏洩や仕事の横流しといったリスクを減らす為

・自社の仕事に専念してもらうことで、心身の疲労や集中力の低下を防ぐ為

といったことが挙げられます。

とはいえ、ばれなければ問題ないという事で会社に内緒で副業を行っている従業員は多くいます。ただ発覚した場合には、懲戒処分を受ける可能性がございますし、特に本業と関係のある副業であれば、最悪解雇処分にまで発展しかねません。

勿論こうした大きなリスクを伴う違反行為はお勧め出来ませんが、例えば仕事に支障がないような副業(例えば、週末等の空き時間にネットで本業と無関係の商品を販売する等)であれば、許可する会社も多いと思われますので、正直に申告し許可をもらって堂々と行われるのが妥当といえるでしょう。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 11 ヶ月 前.

こちらこそ有難うございました。他にご質問等はございませんでしょうか。

雇用・労働 についての関連する質問