JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

職場長から 急に

質問者の質問

職場長から 急に もうこれ以上一緒にできません、やめてくださいと言われたのですが。はっきりした理由の説明はありませんでした。
投稿: 12 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 12 ヶ月 前.

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

職場長から突然、そのようなことを言われ、説明もなければとまどいになられるのも無理はないと思います。対処法としてまずは職場長に対して退職勧奨なのか解雇なのかを聞くと良いでしょう。会社から労働者に対して退職を働きかけることを退職勧奨といいますが、退職勧奨に応じるかどうかは労働者の自由です。したがって、退職勧奨ならき然と断ると良いでしょう。曖昧な返事をすると同意があったと会社が主張してくることもありトラブルになる可能性がありますのではっきりと断ったほうが良いです。退職勧奨を断ったのにもかかわらず、それでも何度も退職を働きかけてきたり、大声で怒鳴ってきたりしたら退職勧奨を超えて退職強要となる可能性が出てきます。退職強要となると違法であり慰謝料請求も可能となってきます。

仮に職場長の発言が解雇なら、解雇に同意せずに解雇理由証明書の交付を求めると良いでしょう。解雇は労働契約法16条「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」により、簡単に有効とはなりません。したがって、解雇理由証明書を出させておき、不当解雇として争うことが考えられます。

雇用・労働 についての関連する質問